このコーナーは気になるお店の中を紹介していくってコーナーで、気になるけど入ったことないなーって場合に参考になればなって思っています。


今回は、三宮のトアロード沿い「北野工房のまち」にあるマッチ棒さんです。マッチ専門店になります。


P3140880


場所はココ↓↓



P3140893
「北野工房のまち」はNHK神戸放送局からトアロード沿いを少し山側に行った所にある「体験型観光スポット」です。グルメ系のお店や、ワークショップなどをやる雑貨系のお店などたくさん入っています。


P3140860
開校88年で幕を下ろした「神戸市立北野小学校」の校舎をリニューアルして利用されているのが「北野工房のまち」で、1996年に「神戸諏訪山小」と合併し、県庁北側にある「こうべ小」が生まれました。


P3140886
「マッチ棒」は、マップで言うと2階一番奥にあるトイレの隣の隣にあります。202号になります。2階は雑貨系のお店やワークショップなどを行うお店が多いです。


P3140885
ちなみに1階のマップ。1階はすべてグルメ系のお店です。


最近リニューアルしましたよーって記事は↓↓


P3140888
お店の前から見た廊下。懐かしいと思うか雑貨屋さんみたいって思うかは、読者さんの出身校次第です!


P3140881
マッチ専門店「マッチ棒」さんは、『日本燐寸(まっち)工業会』という団体が運営するお店です。マッチの会社がたくさん集まって組織されています。つまり、こちらのお店はマッチ普及などのPRをしているお店ということになります。


P3140878
それにしてもカラフルに見えます。マッチなんです!


P3140882
こっちもほぼマッチ。マッチ関連のポストカードやTシャツもあります。店長さんは、マッチが好きすぎて詳しすぎる女性の人で、商品について聞くと詳しく教えてくれます。


P3140883
マッチにもいろいろ種類がありまして、紙ケースに入っているのが通常ですが、缶に入っているものもあります。あと、ワークショップでFRISKケースみたいなマッチケースを作ることができるみたいです。ですので、FRISKを食べるかのごとくマッチを使う人には、マイマッチケースがオススメ!


P3140877
2個入り¥100。カラフルです。マッチは「広告マッチ」として普及したという側面もありまして、つまり、今のティッシュ配りで使うティッシュのように、マッチにも広告をのせて色々なものがあったりします。


ですので、「広告マッチ」でなくてもデザインには基本的に凝っています。





マッチはなかなか使うことが少なくなったかもしれませんが、デザインがすごく凝ってますし、安くで買えますので、今からコレクターになるのも夢じゃないです。買わなくても雑貨屋さんみたいに見ているだけで楽しいんです!


★店舗名マッチ棒
★ジャンルマッチ専門店
★住所神戸市中央区中山手通3-17-1 「北野工房のまち」 202号
★電話番号078-221-5561
★営業時間10:00~18:00
★定休日不定休
★関連リンク公式サイト / Facebook / Twitter
★駐車場あり