ザビエルの本物が見れる『神戸市立博物館』の見どころとカフェやグッズ。東洋と西洋が交わる神戸を学ぶ

ライター:カオル

「ザビエル」グッズとまだある1階無料エリア

「ミュージアムショップ・カフェ」ゾーン(入場無料)の自動ドアを入って、すぐ右手がグッズ販売エリア。カフェスペースより手前にあるので、ショップだけ見るのでも、気兼ねなく入れます。

兵庫県出身の作家の作品や、神戸市立博物館にゆかりのあるものがセレクトされてるそうです。

神戸市立博物館オリジナルのグッズは、今のところ、このくらいのスペース。

やはり、グッズは、「ザビエル」推し、「南蛮」イメージのグッズがいろいろあります。

黒いザビエルのバッグ(2200円)。

ザビエル像のインパクトのある見た目ではなく、あえて「文字」な「ブックマーカー(しおり)」(700円)。

電車とかで本読んでる人が、コレはさんでるのを見たら、目を奪われそうです。すぐにちぎれてしまいそうに見えますが、紙製ではなくポリプロピレン製。

お手頃なマッチ箱風のザビエルの「メモ」180円。

マスキングテープ(270円)は、「南蛮」イメージのものや、「びいどろ・ぎやまん」モチーフのものなど6種類ほど。

横から見たらこんな感じ。

お菓子には、ザビエルの時代に日本に伝来した「金平糖(580円)」や「カステラ(750円)」がラインナップ。『TOOTH TOOTH』の商品ですから、味にもこだわってるんではないでしょうか。※グッズの値段は、すべて税別。

ショップに隣接して、「情報コーナー」がありまして、タッチパネルや本で気になったことなどを調べることができます。

がっつり読み込むというより、ちょっと腰かけて調べてみる、といった雰囲気。

さらに奥には、子供たちのための「体験学習コーナー」があって、遊びながら学べるグッズがあったり、時々ワークショップなども開催されたりします。

たとえば、古代人の衣装と、レプリカの飾りや小道具なんかがあります。大人サイズもあるので、親子でコスプレもOKかと。

鳴らせる「銅鐸(どうたく)」もありました。

「さいころパズル」は、「織田信長」や「ペリー」など「ザビエル」だけじゃない偉人達の顔がいろいろ。

誰この人?って知るキッカケにもなるでしょうし、横の一覧を見直さずに、作り上げられたら結構すごいと思います。

「体験学習室」の横には、学習支援交流員(ボランティア)さんが、ほぼ常駐しているそうで、分からないことなども教えてくれるそう。

アットホームに笑顔で迎えてくれると思いますので、訪ねてみましょう。

リニューアルで1階のトイレもキレイになって、女性の個室は5つありました。旧居留地散策の途中で、ちょっと借りるのもOK。

すぐ隣に、給湯設備のあるベビールームもあり、おむつ替えや授乳ができます。赤ちゃん連れで、落ち着ける場所のひとつになるんじゃないでしょうか。

「展示を見る」「学ぶ」というのがこれまでの博物館の役割だったと思いますが、リニューアルで「お茶に」「子どもの気分転換に」「休憩しに」いろんな選択肢の一つに加えられるようになったと思います。

さて、何しに博物館へ行きましょうか。

スポット名神戸市立博物館
ジャンル博物館
料金【1階】すべて入場無料
【2階】コレクション展示室 一般300円/大学生150円/高校生以下 無料
※当日の「特別展」入場券の提示で、一般200円、大学生100円に。
【特別展】それぞれ展覧会のページで確認
住所神戸市中央区京町24
電話番号078-391-0035
営業時間10:00~17:00(土曜は21:00まで)
※入館は30分前まで
定休日原則として月曜
※月曜が祝日または休日の場合は開館し、翌平日に休館
リンク公式サイト
駐車場なし

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。