東遊園地近くにある『日本真珠会館』が取り壊されることになったそうな。

ライター:カズマ

真珠会館
神戸の近代建築がまたなくなるようで、東遊園地の近くにある『日本真珠会館』が取り壊され、建て替えられるそうです。


場所はココ↓↓



神戸市中央区東町122


老朽化のため「建て替え」か「改修保存」かで議論になってましたが、所有者の日本真珠輸出組合が建て替えを決定したそうです。


こちらの建物は、国登録有形文化財に指定されてまして、国際組織ドコモモ(DOCOMOMO)の日本のモダニズム建築100選にも選ばれています。要は、神戸を象徴するまたは日本を象徴する近代建築だった訳です。


ストリートビューではこんな感じになってます。


大きな地図で見る



真珠加工が盛んな神戸の真珠取引の拠点として完成したのが1954年(昭和29年)、で鉄筋コンクリート造地上4階、地下1階建てです。すでに建ってから半世紀以上経過しています。
 

当然ながら市民団体や建築学会など各種団体から保存の要望がありまして、「建て替え」か「改修保存」かの判断を改めて行っていましたが、老朽化が激しくコスト的な判断から建て替えとなったそうです。


◆関連リンク
日本真珠輸出組合 – 公式サイト


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。