JR鷹取駅のリニューアル予定の駅前広場の様子を見てきた。ひとまず「大型花壇」を作るみたい

ライター:カオル

リニューアルが検討されている「JR鷹取駅」の駅前広場を見てきました。まず北側に花壇を作るそうです。


神戸市須磨区大池町5

「JR鷹取駅」は、まちの魅力を高めるため「南側駅前広場」と「北側駅前広場」の再整備が検討されてます。

南側の広場は、「タクシー乗り場」があるくらいで、それほど広くはない印象。

機関車などを作っていた「鷹取工場」開業にともなってできた駅ということで、南側の壁面には、機関車の顔?が埋め込まれてます。

南側にのみ改札があります。改札内にも機関車のプレートなどが飾られてます。

北側の広場へは、改札を出てすぐ左手に「地下道」があり、くぐっていく形。

 

 

地下道の途中にも、「鷹取工場」の歴史に触れる機関車の画像や、工場の柱などが展示されてます。

地下道を抜け階段を上がると「北側駅前広場」です。駐輪場、タクシー乗り場、板宿、新長田、須磨水族園などへの「バス乗り場」もあります。

震災復興事業として「鷹取工場」跡地に整備されたので、南側に比べるとかなり広い印象。

ベンチなどが複数置かれてます。平日の日中ということもあってか、バスやタクシーを待つ以外に利用している様子は見かけませんでした。

神戸市は「もっと地域の方に活用いただける場所」にするため「リノベーション・神戸」事業として今後再整備を行うということですが、詳細な計画はまだ発表されていません。

今回は、その「前段階」として「くつろげる空間」にしていくため少し手が加えられます。

イメージがこちら。腰かけられるような大型花壇が作られる計画です。斜めになっていて、高さのある所では机のようにも使えるみたい。

木々の緑も、今より少し増やされるのかもしれません。

今月中にも工事が始まり、「今年4月」には出来上がっている予定。

「機関車」感は盛り込まれるのか?このイメージ図が公開されてから詳細設計がされているので、楽しみにしたいと思います。

◆関連リンク
リノベーション・神戸 – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    須磨駅前は開発からもれているのかな
    昔から全然変わらない

    2022年1月31日9:49 PM 返信する
  • たかとりお

    とりあえず、何してもJR貨物のコンテナが景観を損なって慌ただしさが満載です。

    2022年1月18日11:09 PM 返信する