昔なじみのベーカリー・トミーズの「あん食」がミニチュアスクイーズになって登場。3月下旬発売予定

ライター:かすみ

地元パン

神戸で長く愛される「焼きたてのパン トミーズ」の「あん食」が、ミニチュアスクイーズになって販売されます。パッケージもリアルでかわいい。

「地元パン® ミニミニスクイーズ」は、地元パン® 愛好家・甲斐みのりさんが全国各地を旅する中で出会った「地元パン®」をミニチュアサイズで再現したチェーン付きマスコット。

今回発売の5種類に、トミーズのあん食がラインナップされています。

中身もパッケージもリアルに再現されていて、パッケージは商品情報などの文字もちゃんと読むことができます。

そして、今回の5種類のうちトミーズのあん食のみ、パッケージを開けて中身を取り出すことが可能だそう。

 

 

あん食のほか、北海道の高橋製菓「ビタミンカステー」・石川県のパン あづま屋「ホワイトサンド」・滋賀県の木之本 つるやパン本店「サラダパン」・静岡県のバンデロール「のっぽパン」が発売されます。

地元パン

販売価格はいずれも300円(税込)。中身が見えないカプセルでの販売なので、どれが当たるかは開けてからのお楽しみ。ぜひあん食を引き当てたいですね。

地元パン® ミニミニスクイーズ
【発売】2021年3月下旬から順次
【販売場所】全国のカプセルトイ売場、ホビーショップ、オンラインショップ、ロフト(一部店舗)など
【価格】300円(税込)

思わず食べたくなっちゃうようなミニチュアパン。あん食を引き当てたら、ぜひSNSなどでシェアしてください。

◆関連リンク
Kenelephant(ケンエレファント) – 公式サイト

 
かすみ
ライター:かすみ
家族で食べ歩いたり踊ったりしています。
地元パン
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。