「六甲枝垂れ」で冬の間に固まった氷を「氷室」に運び入れる『氷の切り出し』があるみたい。1/20 「氷室」の特別公開も

ライター:エミ

去年に引き続き、今年も「氷棚(ひょうだな)」にできた氷を切り取る『氷の切り出し』が行われることになりました。「氷室(ひむろ)」の一般公開もあるそうです。

氷の切り出し

2021年1月20日(水)10:00~
自然体感展望台 六甲枝垂れ


神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

『氷の切り出し』は、「六甲枝垂れ」東側にある「氷棚」にできた天然の氷をチェーンソーで切り出す、六甲山の冬の風物詩です。その氷は夏まで貯蔵するため「六甲枝垂れ」内部にある「氷室」に運び入れられます。

氷室は普段公開されていませんが、当日10:00~12:00の2時間に限り特別公開されるそうです。



運び入れた氷の冷気を循環させることで、真夏でも風室内は20℃程度に保たれるそう。冷たい風とともにヒノキの香りも感じられ、心地良い空間になるんだとか。

開催日時
2022年1月20日(木)10:00~

入場料
大人(中学生以上)310円、小人(4歳~小学生)210円

夏には心地よい冷気ですが、山の上ですし今はとても寒く感じられそう。しっかり防寒対策をして行きましょう。

◆関連リンク
神戸・六甲山 公式おでかけサイト – 公式サイト

 
エミ
ライター:エミ
三宮は目をつぶりながら歩けます。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。