兵庫県庁舎など周辺再整備。提案された全体デザインが公開されてる

ライター:カズマ

老朽化した兵庫県庁と兵庫県民会館のエリアを再整備する提案デザインがまとまりまして、東京五輪の「新国立競技場」のデザインも担当した「隈研吾(くま けんご)」さんグループの提案が選ばれました。

アイデアとして採用し事業者を決定したという段階ですので、最終どういった形になるのかは分かりませんが、おおよそのベースコンセプトになるでしょう。

神戸では代表的なエリアである「ウォーターフロント」とは違い、兵庫県町周辺地域を「グリーンフロントエリア」と位置付け、新たなにぎわいを創出するという提案となっています。

兵庫県の基本構想として、高級ホテルやオフィスを誘致するということがあるそうで、民間のビジネス拠点として一定のオフィスなどが入れば、にぎわいが生まれてくるかも。

少なくとも、三宮・ウォーターフロントとは違い、観光的な側面はそこまで重視しないと思いますので、どういった用途で人が集まりやすい拠点になるのかがポイントでしょうか。

今後の計画が楽しみですね。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。