世界トップめざすスパコン、ポスト「京」の名前が『富岳(ふがく)』に決まったみたい。理由は?ほかの候補は?

ライター:カオル

ポーアイの理化学研究所が募集していた、スーパーコンピューター「京」の「後継機」の名前が、『富岳(ふがく)』に決まったそうです。

あ、「”富岳”おじさん」。。。

『富岳(ふがく)』は”富士山”の異名で、富士山の高さがポスト「京」の性能の高さを表し、富士山の裾野の広がりがポスト「京」のユーザーの拡がりを意味しています。

“富士山”の海外での知名度の高さ、スーパーコンピュータの名称は山にちなんだ名称にする流れがあること、また海外の人も「発音しやすい」というのも選ばれた要素なんだとか。

どれほどの候補の中から選ばれたかというと、応募自体は「5181件」あったそうですが、無効なものや同じものもあって、純粋な候補数は「2487件」。

応募数で行くと、1位『垓(がい)』、2位 『雅(みやび)』、3位 『極(ごく)』と一文字の候補がやっぱり多かったみたいです。

数にはとらわれず、ポスト「京」ネーミング委員会が厳選し、最終選考に残ったのは、次の7つ。

・富岳(ふがく)
・穹(きゅう)
・叡(えい)
・Yukawa(ゆかわ)
・凌駕(りょうが)
・光明(こうみょう)
・解(かい)

日本での読みやすさで行くと『解』もいい気がしますが、「京」の最大100倍の性能を目指す「ポスト京」なので、「けい」と「かい」だと兄弟っぽくなりすぎて進歩した感じがしないかな。

2位じゃない、ポーアイにあるスーパーコンピューター「京」が、約7年間で運用終了

2019.02.06

とにもかくにも、『富岳(ふがく)』に決まったということで、2021年の運用開始までは、しばらく時間があります。

あとは、「ポートアイランド南駅」→「京コンピュータ前駅」と変わってきたポートライナーの駅名がどうなるか、見守るだけ。

さらに、『富岳』の後継機を。。。みたいになったら結局大変だし、「神戸どうぶつ王国前」でもいいのかも?

◆関連リンク
理化学研究所 – 公式サイト

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。