2位じゃない、ポーアイにあるスーパーコンピューター「京」が、約7年間で運用終了

ライター:ビッグブリッジ

ビックデータの処理ランキングで8期連続で世界トップに立ち、医療、創薬、防災等、様々な分野の発展されてきたスーパーコンピューター「京」ですが、2019年8月16日に運用を終了するそうです。

ちなみに「京」という名前は、毎秒1京(京は1兆の1万倍)回の計算を行う処理能力に由来しています。よくわかんねぇくらい計算してます。

ポートライナーの駅名が「京コンピューター前駅」に改称されるなど地元に大きな存在感を見せてくれた「京」。7年間お疲れ様でした。

なお、以前一般公開していた「京」の後続機であるポスト「京」の開発は順調に進んでおり、2021年頃からの共用を目指しているとのこと。

スーパーコンピュータ「京」が最後の一般公開 11/23 ポスト「京」の試作機を関西で初お披露目するそう

2018.11.22

ポスト「京」は、性能が100倍程度に向上した新しい「次世代のスーパーコンピュータ」になる予定です。

◆関連リンク
理化学研究所 計算科学研究センター – 公式サイト

ビッグブリッジ
ライター:ビッグブリッジ
神戸ジャーナル 編集長