神戸市が現在地の最大津波浸水深がわかるスマートフォン向けウェブサービス『ココクル?』をリリースしたようです。

ライター:カズマ

P5061061
神戸市が、津波情報をスマホで表示できるウェブサービス「ココクル?」をリリースしたようです。「南海トラフ大地震」を想定して、巨大津波の情報を発信するために開発されたんだとか。


正式名称は、「神戸市津波防災ウエブサービス ココクル?」とすごく長いです。


機能としては、スマホのGPS機能を使って、今いる場所に何メートルの津波が、いつ到達するかという情報を表示するというもので、兵庫県が既に発表している「神戸市津波ハザードマップ」のWeb(主にスマートフォン向け)版だということです。


これまでは、「津波ハザードマップ」をPDFなんかで公開はしていましたが、現在地がわかりにくいとか、外出先で見れず、いざという時に使えないという声があったようです。


いつもいる学校や職場、自宅で利用してみて、どれぐらいで津波が到達するのかって確認しておくのは有効だと思いますので、ぜひぜひチェックしてみてください。


神戸市津波情報ウェブサービス「ココクル?」
http://kokokuru.jp

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。