神戸ポートタワー近くに大きなミゾをつくってる。神戸市の浸水対策。

ライター:カズマ

dd5dffed
神戸ポートタワーホテルの向かいの阪神高速沿いに、神戸市が三宮南地区浸水対策事業として大きなミゾを作っているようです。


場所はココ↓↓




78dd4fcb
西側の目の前に、神戸ポートタワーホテル


4fbb03f7
工事現場を海側に行けば、今年の11月21日に50周年を迎える神戸ポートタワーが見えます。


cd669829
阪神高速沿いで東に向けば、こちらが三宮方面です。



6a3208ba
工事の完成イメージ図

この工事の目的は、海水が側溝を逆流して流れ込んだり、降った雨が流れ出ず溜まる事が原因で起こる浸水被害を未然に防ぐ事だそうです。


具体的には、中突堤ポンプ場(神戸ポートタワーホテルの前)で吸い上げた、雨水や海水を海まで放流できるようにトンネルみたいな管を通しているみたいです。


今回のミゾに通す管の口径が市内で最大口径になるそうです。どこのミゾよりも大きく一度に大量の吸い上げた水を放流できるようになるので安心ですね。


そんなことをしなくても防波堤を作ればいいんじゃない?と思われた方もいるかもしれませんが、防波堤はもうすでにありまして、さらなる浸水対策として今回の工事を行っているんです。海沿いのまち神戸では必須の工事ですから早く完成すると安心して住めます!


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。