「ヴィッセル神戸」が楽天の子会社になるそうな。楽天はメインスポンサーから親会社へ。

ライター:カズマ

ヴィッセル神戸
J1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」が楽天の子会社になるそうです。


これまでもそうだったって印象もあるんですが、仕組み的には少し複雑なんで、解説したいと思います。


これまでヴィッセル神戸は、「株式会社クリムゾンフットボールクラブ」って会社が運営していました。「株式会社クリムゾンフットボールクラブ」ってのは、「合同会社クリムゾングループ」が設立した会社で、つまり子会社です。


「合同会社クリムゾングループ」は、三木谷さんが代表を勤めている個人資産管理会社で、形式上、「ヴィッセル神戸」は楽天社長の三木谷さんが個人的にも所有していたサッカーチームということになります。


三木谷さんが個人的に所有していた「ヴィッセル神戸」に対し、楽天はこれまで「メインスポンサー」として運営に関わったいたワケです。「楽天」も「合同会社クリムゾングループ」も代表は三木谷さんなので、実質的には、同じようなもんなのですが。


それを、今回、実質的にも形式的にも「楽天」が『メインスポンサーから親会社』になるということになります。


これまでとどう変わるかなんですが、「ヴィッセル神戸」を運営する「株式会社クリムゾンフットボールクラブ」が楽天のグループ会社になったことで、キャンペーンや告知などをより積極的に楽天サイトなどでやってくってことなんでしょうか。


◆関連リンク
株式異動に関するお知らせ – ヴィッセル神戸


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。