「楽天イーグルス」の副社長が「ヴィッセル神戸」の社長に。これからのヴィッセル神戸は野球とサッカーの融合だ!

ライター:カズマ

池田敦司
サッカーJ1のヴィッセル神戸が、プロ野球楽天の副社長の池田敦司さん(58)が新社長に就任したと発表しました。つまり、池田さんはこれまでは野球運営だったけど、これからはサッカー運営をします!


ヴィッセル神戸は去年末に、楽天社長の三木谷さん個人所有から楽天の子会社になったところです。これまではあんまり想像してませんでしたが、同じグループにプロの野球チームとサッカーチームがあるってのはこういうことなんだと感心してしまいます。


池田さんは、西武百貨店からプロ野球楽天入りしその後副社長になり、そして今回ヴィッセル神戸の社長になったという経歴です。クラブ初のタイトル獲得に向け、「ノウハウを生かし、ファイティングスピリットを持った集団を目指す」とやる気マンマンなんだそうです。


野球とサッカーの融合が色々なところで感じられるかもしれませんね。今後のヴィッセル神戸に期待です!


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。