神戸市消防局の『消防隊カレー』ってレトルトカレーが発売されてたので食べてみた。

ライター:カズマ

IMG_2868
神戸市消防局が開発したその名も『消防隊カレー』が発売されてましたので、買ってみました。


神戸市の消防署で働いている消防士さんや救急隊員は24時間2交代制で働いています。毎日泊まり込みで働いていて、さらにいつ出動命令が発令されるかわからないので、外食って訳にもいきません。全国同じだと思いますが。


となると自炊しているんですが、その自炊メニューである神戸市消防局の「カレー」が『消防隊カレー』としてレトルトになって一般発売されているんです。少しアレンジしているそうです。実際の味としては神戸市消防局の消防学校の食堂のカレーがベースになっているようです。


防災広報の一環として、神戸の食品メーカー「エム・シーシー食品株式会社」と一緒に作ったそうで、日頃から防災意識を高めるって意味があり食からのアプローチになります。

 

現在の発売場所は以下の通りです。
ひょうごふるさと館(三宮そごう新館5階)
神戸ブランドモザイク店(ハーバーランドモザイク内)
神戸ブランドマリンピア店(垂水アウトレットモール内)
(以下の店舗では期間限定販売)
トーホーストア 兵庫県内全店舗(※1月16日午後~、一部店舗では15日~)
大丸神戸店・須磨店 (※1月17日入荷予定)
ダイエー三宮店(※1月15日から数量限定)
JR新神戸駅物販店「アントレマルシェ」(1月15日~18日、26日~31日)



今後順次拡大していくそうですが、今回はダイエー三宮店で購入しました。


IMG_2867

レトルトカレーのエリアに行くと、普通エリアと高級エリアみたいに分かれてたりすると思いますが、高級エリアのほうに陳列されてました。348円ですから結構いい値段です。


IMG_2869

消防士さんのシルエットが描かれています。辛さは5段階の「3.5」。チョイカラです。


IMG_2870

パッケージ裏面には「もしもの時のために、話し合っておこう!」と、安全な避難路や避難場所を把握しておくことや、家族で災害時の役割分担や連絡方法を決めておくことなどがアドバイスとして掲載されています。


改めて概要です。




消防隊カレー

●発売日:平成27年1月15日(木)
●商品コンセプト:震災20年の想いが込められた、神戸の消防隊員が愛する御馳走カレー
●希望小売価格:362円(税抜)
●商品の特徴:
  1. 神戸市消防学校の食堂で30年以上変わらぬレシピで隊員に愛されるカレーがベース。
  2. 具が大きくて食べごたえのある、消防学校食堂の味わいを再現。
  3. ローリングストックを意識して、日常でも御馳走として楽しめる保存食として、神戸市消防局の正式監修で開発。
  4. パッケージ裏面に防災について考えるキッカケとなる防災情報を掲載し、家族で話し合った結果を記入できるスペースを設けました。
※ローリングストック・・・備蓄した日用品を、期限の古いものから使い、使った分だけ新たに買い足して常に一定量の備えがある状態にしておくこと。
●販売地区:全国
●販売者:エム・シーシー食品株式会社 



実食。


P2200266
中袋はこんな感じです。シンプルです。賞味期限の下に「ショウボウ」って書かれています。賞味期限は2年くらいです。


P2200267
P2200268
良い意味でレトルトらしくないんですが、具が結構大きいんです。


P2200269
このジャガイモサイズです。レトルトでは、基本的には味重視でどうしても具のサイズは軽視されがちですが、これは違います。


P2200271
写真の色合いで甘口カレーみたいに写ってますが中辛です。具が大きくて若干ピリッと感があってちょうど良いです。あと、食堂のカレーをベースにしているってこともあってコクがあって美味しいんです。


一度食べてみたください!


◆関連リンク
「消防隊カレー」の発売について – エム・シーシー食品株式会社


 

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長