神戸国際会館に屋上庭園「そらガーデン」ができてる。樹齢500年のオリーブを植樹し、200年前の壺もある。

ライター:カズマ

神戸国際会館

神戸国際会館に屋上庭園「そらガーデン」ができてました。これまでも屋上庭園はありましたがリニューアルしたんです。


神戸市中央区御幸通8-1-6

「そらガーデン」前に設置された今回のプロジェクトに関するパネル。

神戸国際会館 神戸国際会館 神戸国際会館

多くの施設で植物展示や空間プロデュースを手掛けている西畠清順(にしはたせいじゅん)さんという人がプロジェクトを指揮したようです。希少な植物を調達する「プラントハンター」という肩書なんだとか。ちなみに植物卸の5代目。

神戸国際会館

屋上庭園を囲むように、「トゥーストゥース ガーデンレストラン」があるんですが、今年も、5月28日(木)からビアガーデンが始まります。楽しみです!

「トゥーストゥース ガーデンレストラン」もリニューアルしてますので、また別で記事にしたいと思います。

神戸国際会館 神戸国際会館

では入ります。屋内から「そらガーデン」にでますと、回廊となっていまして、ぐるーっとウッドデッキ?みたいな感じになっています。

神戸国際会館

こちらはなんという植物でしょうか。ここから育っていくのかこれで完成なのか。とりあえず、なかなか見ない植物です。

神戸国際会館 神戸国際会館

中心に入っていきます。めちゃめちゃ目立っているデカい物体。。。。

神戸国際会館 神戸国際会館

200年前のオリーブオイルを貯めるために使われていた壺です。貴重。

神戸国際会館

超念のため中を確認しときます。

神戸国際会館 神戸国際会館

こちらは入ったところからで言うと、壺の奥にあります。樹齢500年のオリーブの木。オリーブの木は平和と繁栄の象徴なんです。

神戸国際会館

輸入成功第一号でスペインから輸入してまして、「そらガーデン」のシンボルツリー。

神戸国際会館 神戸国際会館 神戸国際会館

こちらは、フリーで利用できるスペースです。この日は結構気温が上がってましたので、ここで休憩するのは難しいですが、完成予想図のように、パラソルなんかがあったらじっくり休憩できると思います。

「トゥーストゥース ガーデンレストラン」のビアガーデンの時にどのように使われるのかが気になるところです。

◆関連リンク
神戸国際会館 – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長