大丸神戸店の近くに『ハークリーマリー』って日本初となるハンガリーの焼き菓子「クルトシュ」のお店ができてる。

ライター:カズマ

60c16960
大丸神戸店の近くに『ハークリーマリー』って日本初となるハンガリーの焼き菓子「クルトシュ」のお店ができてました。


場所はココ↓↓





44a563c2
西に行くと、「神戸BAL」があるほうです。


a3185544
東に行くと、「生田ロード」と交差します。「ホテルケーニヒス・クローネ神戸」から少し山側といった感じでしょうか。


a4c178c2
壺?が吊ってあります。


「クルトシュ」は、ハンガリーの焼き菓子です。ルーマニアの伝統的なお菓子で、意味は「煙突の形をしたお菓子」だそうな。あまり馴染みのない食べ物だけあって、通りかかった人が店内の様子を結構見ていました。ジロジロ。


「クルトシュ」の専門店では、日本初出店となるようなので、気になって入ってみました!


1538a526
店内は甘い匂いに包まれおり、トッピングに使うカラフルな食材がたくさん並んでいます。



9ec7ee5f
注文すると、「こちらの番号札をお持ちになって下さい」と言われて渡されたモノ。


「しゃもじ型番号札」。


ん~ハンガリーではしゃもじの番号札が主流なのか!?


2d015ad4
1階は埋まっていたので、2階へ。窓に何かいっぱい吊られてます。暑いから日除けかなと思ったんですが。


df4198ee
唐辛子でした。どうやら、ハンガリーでは魔除け、厄除けの意味を込めて唐辛子を吊るす風習があるそうです。


46f3b023
メニューは色々あるんですが、注文した「シナモン」!10分ほどで到着です。


カテゴリ的には、バームクーヘンと同じになりまして、バームクーヘンのハンガリー版といったところでしょうか。


店員さんの説明によると、「クルトシュはクルクル棒に巻きつけてあり、それを剥がして食べて下さい。熱いので気をつけてね。」という食べ方だそうです。


この珍しい形が煙突をイメージしてます。食べてみると、バームクーヘンみたいな食感かと思っていたのですが、全然違っていて外はカリッカリ。そして中フワッフワなんです。


出来立てアツアツなんで、シナモンの甘~い香りに食欲をそそられます!


本場ハンガリーでは甘い系の「シナモン」や生クリームを使ったメニューが多いそうですが、『ハークリーマリー』ではオリジナルとして、ハムやチーズを混ぜ込んだ食事系のメニューもあるそうです。


雑誌やテレビなんかでも、珍しいお菓子が神戸に来たと取材されていますんで、人気沸騰前にぜひ!


★店舗名ハークリーマリー Herkli Marie
★ジャンルクルトシュ、スイーツ
★住所神戸市中央区三宮町2-9-1 イシダビル 101
★電話番号080-4245-9696
★営業時間11:30~19:30
★定休日不定休
★関連リンクFacebook食べログ
★駐車場なし


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長