神戸市の中学校給食に異物混入。去年から虫や金属片など86件あったようで神戸市が調査を開始。

ライター:カズマ

異物混入
神戸市の公立中学校で去年から導入された給食。これまでに虫や金属片など86件の異物が混入していたそうです。


神戸市のホームページにも以下のような案内がありました。

中学校給食について(お詫び)
 
保護者様
 
 この度は、給食における異物混入及び調理等委託業者の調理場等の衛生状況に関する報道につきまして、大変ご迷惑をおかけし、また、給食に対する皆様の信用を揺るがす結果となり、誠に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。

 調理等委託業者に対しては、当初より本市において衛生管理に関する指導を行っております。
 また、異物混入の発生時には、その都度、原因や対策について指導を行っておりますが、今後は更に指導を強化してまいります。

 市内7区(灘区、中央区、兵庫区、北区、長田区、須磨区、垂水区)の給食の調理等を委託している徳島屋の調理場等の報道につきましては、早急に事実を調査し、調査結果をふまえ、今後の方針をあらためてご連絡させていただきます。

改めてネットニュースなどを見てみますと、「徳島屋」のトラックの映像が流されていましたので、調査しているところなんだと思います。


公立中学校の給食は、82校のうち33校で去年11月からスタートしましたが、今年7月までの9ヶ月の間に「虫」「ビニール片」「金属片」「髪の毛」など合計で86件あったとのことです。割合は、「髪の毛やまつげ」が50%、「ビニール片や紙片」が20%、その他(虫11件、木片1件)が30%です。


今年6月にはの22件と月別で最も多くなっていたそうです。


給食は、「ランチボックス」で実施されていて、調理・配送を委託している外部の2つの業者(コープフーズ、徳島屋)が行っています。生徒の利用率は46%と半数程度で、1日に6200食程度が食されています。


今年11月には全中学校に本格導入する予定ですので、さらに増える見込みです。


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長