ポーアイの「港島小学校」と「港島中学校」が合体して『神戸市立義務教育学校港島学園』として9年間の学校になる。今年の4月から

ライター:カズマ

学校
神戸市教育委員会が、ポートアイランドの「港島小学校」と「港島中学校」を合体して9年制の「義務教育学校」にすることを決めました。これまで小中一貫教育を進めてまして、今年4月(平成28年4月)に正式に開校を予定しています。


今後は、神戸市会における神戸市立学校設置条例の改正手続を経て、正式に決定するそうです。


場所はココ↓↓



神戸市中央区港島中町3-2-2


名称は、神戸市立義務教育学校港島学園になります。これまでも通称「港島学園」としてましたので、正式にそれが採用された形になります。


「義務教育学校(9年間)」は、昨年法改正された学校教育法により、小学校(6年)を前期課程、中学校(3年)を後期課程とした、新たな学校種別です。


教育内容について、ある程度校長が柔軟に決められるようですので、神戸市教育委員会と独自に教育方針や内容を決めるんじゃないでしょうか。具体的には、英語教育を小学校1年生の段階から始めたり、中学校の先生が小学校高学年のクラスに出入りするなどするそうです。 



校名決定の経過
  • 港島小・中学校は平成26年度から市内唯一の「小中一貫教育モデル校」の指定により、義務教育学校9年間を見通した小中一貫教育を推進しています。また、平成25年度より小中間の一体感の機運をより一層醸成するため「小中一貫教育推進校港島学園」という通称名を広く使用してきました。
  • 上記の経緯をふまえ、教育委員会事務局に設置した「新設校校名検討委員会」において、「(仮称)神戸市立義務教育学校港島学園」に決定しました。
  • 教育委員会会議における協議を経て、上記校名案に決定しました。

決定理由
  • 「義務教育学校」の名称を使用することにより、小中一貫教育を実践する教育機関であることを対外的に伝えることができる。
  • 平成25年度から港島小・中学校が通称名として「港島学園」を3年間使用してきた実績があり、児童生徒・保護者・地域に定着し、通称名として広く浸透している。 

「港島小学校」と「港島中学校」は、ポートアイランドの誕生と同時の1980年4月に開校してまして、2009年4月に小中連携のモデル地区の指定を受け、2014年4月に港島学園としての小中一貫教育が開始されてました。


通常言われている期待される効果としては、「学力」の向上、 「中1ギャップ」の解消などがあるようです。関連リンクに関連するサイトのリンクを貼ってますので、よかったらどうぞ。


◆関連リンク
小中一貫教育の展望と課題 – 小中一貫教育調査研究委員会


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。