元SMAP中居くん着用の帽子も製作。神戸トアロードにある老舗帽子専門店「MAXIM(マキシン)」が『ユニフォームハット(制帽)』展示を初開催 6/14-8/10

神戸トアロードにある老舗帽子専門店「MAXIM(マキシン)」が、これまで製作してきた『ユニフォームハット(制帽)』の一般公開をしてましたので、見てきました。8月10(金)まで開催です。

ユニフォームハットコレクション トラベル特集

2018年6月14日(木)~8月10(金)
マキシン 神戸トアロード本店


神戸市中央区北長狭通2-6-13

「MAXIM(マキシン)」は神戸を代表する帽子専門店で、戦前の1940年(昭和15年)に創業。社名はラテン語「Maximum」に由来していて、「最高・最上」を意味し、ハンドメイドで高品質な帽子を製作・販売しているんです。

婦人帽子として超有名なお店でして、ロサンゼルス・アトランタ・シドニー五輪の日本選手団制帽や、花博・博覧会、企業の制帽(航空会社、鉄道会社、ホテルなど)なども製作しています。ちなみに、最近は男性の帽子も販売されています。

忘れてはならないのが、皇室の帽子も製作されているというところ。皇室からどうやってお声がかかるのか分かりませんが、伝統と品質が業界で知れ渡っているということなんでしょう。紀子妃殿下・雅子妃殿下がご着用されたとのこと。

場所は、トアロードに面していて東側にあります。西側に「ヴィレッジヴァンガード」がありますが、その斜向かいあたりです。

帽子の説明など紹介をしてくれたのは、マキシンの杉原さん(左、取締役)と柳さん(右、営業統括部長)。これまで製作してきた帽子について公開はしてなかったんですが、「見せてほしい!」という声が多かったので、1階店舗の一部を利用して、来店した人が自由に見れるように一般公開をすることになったそうです。

「ユニフォームハットコレクション トラベル特集」ということで、鉄道会社、航空会社、ホテルの制帽が中心で、全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、西日本旅客鉄道(JR西日本)などの制帽が展示されています。一番右下に写真が展示されていますが、雅子妃殿下がご着用されている時の様子が分かる写真です。

常設で外からでも見えるウインドウに展示されているのが、元SMAP中居正広くんが「金曜日のスマたちへ」で2008年2月8日放送分から着用している帽子。

外からでも見えるので、知らずに通りかかった人が二度見して立ち止まるそう。二度見分かるわぁ。金スマの中居くんのイメージはまさにこの帽子ですよね。

ほんとに意外だったのが、アトリエ(工房)が3階にあること。別の工場で作っていると思っていたら、ここで作られているんですね。普通に「こんにちはー」とか言いながら見せてもらってたんですが、日本や世界でも賞などを受賞する帽子界のレジェンドが複数人いたことに後から気づきました。

帽子の値段ですが、ハンドメイドで素材も様々なのでピンきりですが、2~3万円くらいのものがぼちぼちありましたので、これまで帽子を持っていない人もぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

店舗名MAXIM(マキシン)
ジャンル帽子
住所神戸市中央区北長狭通2-6-13
電話番号078-331-6711
営業時間10:00~18:00
定休日水曜日(祝日の時は営業)
リンク公式サイト / Facebook / Twitter / Instagram
駐車場あり

神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです