神戸市消防局とコクヨがコラボ動画「家族の記録~母と娘の物語~」を配信開始。文具とイラストで「防火・防災」を伝える

ライター:ビッグブリッジ

今年で発足70年目になる神戸市消防局が、大手文具・オフィス用品メーカーのコクヨと、文具と消防のイラストが登場する動画を配信開始しました。

『神戸市消防局×コクヨ コラボ動画 家族の記憶 ~母と娘の物語~』って名前の動画になってまして、「神戸市消防局が市民と共にあること」「市民1人1人が防火・防災の気持ちを持つことが何より大切だということ」をテーマに制作されています。

こちらが動画。パラパラ漫画みたいな感じで見やすいです。

物語は、コクヨの代表商品「キャンパスノート」に描かれた人物や消防隊のイラストが動いていく形で進んでいきます。また、途中で消しゴムやカッターが登場し、イラストを「消す」や「切る」といった動きにつなげています。イラストは、神戸在住で可愛らしいタッチが持ち味の有村綾さんが担当しています。

神戸の街で暮らす母と娘の家が火事に。2人は煙にまかれてしまう。現場に急行する消防隊。 ・・・その火災から月日は経ち、息子をもつ母へと娘は成長していた。ある日、その母と息子は・・・・。

そもそもなんでコクヨかって話なのですが、「生活に密着した製品」を扱う企業とコラボすることで、「防火・防災」に関心が薄い人にもメッセージを届けたいという思いがあったからとのこと。

こちらの動画は、今後、防災イベントなどでも放映されるそうです。

ビッグブリッジ
ライター:ビッグブリッジ
神戸ジャーナル 編集長