JR西日本が2019年春、新快速に有料座席サービス「Aシート(500円)」を導入するみたい。電車格差かぁ、乗りてぇ

ライター:ビッグブリッジ

JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線の一部「新快速」に有料座席サービス「Aシート」を導入するそうです。2019年春からの予定です。

首都圏ではだいぶ前から結構ありますし、関西でも京阪が「プレミアムカー」を去年から導入しています。

12両編成の新快速の1両(9号車)に快適性を高めた有料座席を設けられ、以下の機能を備えています。着席定員は46名。

・ リクライニング機能、テーブルつき座席の設置
・ 内装の工夫による、落ち着きのある空間の提供
・ 全席にコンセントを設置(JR西日本では在来線普通車初)
・ 無料Wi-Fiサービスを提供
・ 荷物スペースを設置

 
※223系1000代2編成(2両)を車両改造します。

利用方法
席で乗務員から乗車整理券を購入。
※交通系ICカード、現金での支払いに対応。
※空いているお席に自由にお座りいただけます。

着席料金
500円(別途、乗車券、定期券、回数券などが必要です)

運転線区
JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線

運転本数
上下4本/日

具体的なサービス開始日や運転区間、運転時刻については、今後、発表されるそうです。

運転本数は少ないので、どの時間に運転されるかは気になるところ。昼間走らせても意味がないと思うので、基本的には、ラッシュの時間に合わせての導入でしょう。また、予約などもないようなので、空いてたら座れて、おそらく近くにいる乗務員に料金を払うという感じですね。

会社負担で有料席はほぼないと思いますので、自費で乗る人が多いはず。体調悪い日とか、飲みすぎた日とかにぜひ使いたいところです。

これからは、電車格差の時代かぁ。毎日これ乗りてぇ。

ビッグブリッジ
ライター:ビッグブリッジ
神戸ジャーナル 編集長