須磨海浜水族園で『梅雨っぽい生きもの探してみてん』雨にちなんだ生き物を展示 6/11-7/6

ライター:ユカコ

須磨水族園で、カエル・アメンボなどの梅雨を連想させる生き物を集めた企画展『梅雨っぽい生きもの探してみてん』が開催されています。

梅雨っぽい生きもの探してみてん

2020年6月11日(木)~7月6日(月)
神戸市立須磨海浜水族園


神戸市須磨区若宮町1-3-5

展示では「梅雨っぽい生きもの」の名前の由来や生態なども、一緒に聞くことができるみたいです。

期間
2020年6月11日(木)~7月6日(月)

場所
 【須磨海浜水族園】本館1階 波の大水槽前 特設展示スペース

展示生物
5種約15点
・ニホンアマガエル
・ヌマガエル
・トノサマガエル
・アメンボ
・アメフラシ
※ 生物の状態により、予告なく展示を中止、展示期間が変更される場合があります。

何気なく目にしたり、鳴き声を耳にしたりするけれど、なかなかじっくり観察する機会は少ない生き物たち。

新しい発見は、雨の日もワクワクさせてくれるかもしれません。

◆関連リンク
須磨海浜水族園 – 公式サイト

ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • ぴょん吉、ひろし

    記事を読んでいて、「トノサマガエル、アマガエル、カエルにいろいろあるけれど~」と懐かしいアニメの歌がどこからともなく聞こえてきました。
    急にカエルに会いたくなりました。

    2020年6月26日1:16 PM 返信する