阪神御影駅「ホーム下」にある、井戸から水が湧き出る『沢の井』がリニューアルされてキレイになってる

ライター:ユカコ

近くにショッピングセンター「御影クラッセ」などがある、東灘区の阪神御影駅。そんな駅のホーム下の井戸から水が湧き出る「沢の井」って場所が、新しくなってました。


神戸市東灘区御影本町4-12

西側を見るとこんな感じ。このまま高架に沿って西に歩いていくと、「御影クラッセ」の西側にある大きな通りが見えてきます。

向かいのマンション・喫茶店にも「沢の井」という名前が入ってました。

「阪神御影駅」の改札がある東側を見ると、同じ筋にすぐ御影市場「旨水館」への入り口があります。

「沢の井」から東に1分ほどで、阪神御影駅の「南口」です。ドラッグストア「LIFORT」があるところ。高架の向こう側に「御影クラッセ」。

看板によると、神功皇后が「沢の井」の水に姿を映してお化粧したことが、この場所「御影」という地名の由来になったとのこと。天皇の映った「影」に敬意を表す表現として「御」影と名付けられたんだと推測できます。

ちなみに、池の噴水は電気で動いていて、水が湧き出る「井戸」は、奥の黄色い柵の向こう側にあるようです。

池の前の石碑には、もう少し詳しい説明が書かています。天皇に献上されていたこの水は「霊泉」と呼ばれ、今も湧き続けています。近くにある御影市場「旨水館」という名前も、沢の井の「水」が関係しているのかも。

こちらは、リニューアルされてより透明度が高くなったという「沢の井」の池の様子。水の中にはコイも。ホーム下の空間に、このように青く澄んだ池があるのは、不思議な感じがします。

「沢の井」は、泉を眺めながら一息ついたり、手水舍の水で手を濡らしてお清めをしたり。密かなパワースポットのような場所になってました。

地元に住んでいるけれど、気づかなかったという人もいるんじゃないでしょうか。行ってみると癒されるかも。

ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • おかあま

    誰か、鯉と亀の餌の苔が早く生えますよう、祈願を一緒にしてください。

    2020年9月25日4:00 PM 返信する