関西初の傘のシェアリングサービス『アイカサ』が始まるみたい。阪神電車の39駅49か所と神戸市内各所に

ライター:ユカコ

「阪神電車」で4月上旬から、1日70円で傘をレンタルできるサービス「アイカサ」が始まるそうです。アプリを使ってレンタルするシェアリングサービスで、「アイカサ」の傘立てであれば、どの傘立てでも返却が可能です。

現在は、東京都内全域と横浜市・福岡市など計5エリアで展開されているサービスとなってまして、そちらは「LINE」アプリが使用されていますが、今回の関西への導入は「アイカサ」アプリでの運用となるみたいです。

利用方法
①「アイカサ」アプリ(4月上旬リリース)をダウンロードし、専用の傘立てがあるスポットを検索。
②傘立てにスマートフォンを近づけて、bluetooth or NFCを送信し、傘を受け取る。
③専用の傘立てに返却。

傘を受け取ったら、あとはどの「アイカサ」の傘立てに返しても大丈夫なので、手軽に利用を始められそうです。

傘のデザインは柄が神戸タータンになっていて、神戸オリジナルの傘になっています。阪神電車での導入と合わせて、神戸市との連携して各所に設置予定となっています。

設置場所
・阪神電車の39駅49か所
・三宮~元町~ハーバーランドエリア
・岡本商店街~甲南大学エリア

設置時期
2020年4月上旬~随時(2年間を予定)

設置本数
合計80箇所2,000本

予期せぬ雨が降ったり、曇っているけど傘を持っていくべきか…と悩んだり。日常生活において、雨にまつわる問題は多いもの。

「アイカサ」のサービスは、そんな場面で大いに助けになってくれそうです。今年4月から始まるとのことで、梅雨の時期も頼もしい味方になってくれるかもしれません。

◆関連リンク
阪神電気鉄道株式会社 – 公式サイト
アイカサ(i-kasa) – 公式サイト

ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • ヒデ

    コロナが拡大してるなかでアイカサって大丈夫かな

    2020年3月10日6:15 PM 返信する