ジャーナリストが「ゲーム障害」を語る講演会『ネットゲーム・スマホ依存の恐怖』11/5 ふたば学舎

ライター:ふうか

ジャーナリストの視点から「ネット依存」「ゲーム障害」の危険性を語る『講演会』が開催されます。

講演会「ネットゲーム・スマホ依存の恐怖」

2021年11月5日(金)13:30~15:30
神戸市立ふたば学舎 目的室


神戸市長田区二葉町7-1-18

インターネット全盛の現代では、SNSのやり取りや動画閲覧・ネットゲームに夢中になって、四六時中スマートフォンを手放せない人々がたくさんいます。

WHO(世界保健機関)は2019年、スマホゲームなどに没頭して日常生活に支障をきたす「ゲーム障害(Gaming disorder)」を、正式に「疾患」だと認定しました。

元毎日新聞の論説委員・平野幸夫さん(関西学院大学非常勤講師)は、長く「ネット依存」「ゲーム障害」を取材テーマとしてきたジャーナリストです。

「ゲーム障害」は精神的疾患とされていますが、教育現場や家庭ではまだあまり認識されていないそう。

その危険性について注意を喚起し、また「ゲーム障害」を防ぐのに有効とされる「読書」の効用についても語ります。



日時
2021年11月5日(金)13:30~15:30

会場
神戸市立ふたば学舎 多目的室

講師
元毎日新聞論説委員・平野幸夫氏(関西学院大学非常勤講師)

定員
40人

参加費
無料

申し込み
電話 or ファックスで受付(先着順)
ファックス用紙はこちらからダウンロードできます。
ふたば学舎 TEL:078-646-8128/FAX:078-646-8138
期限】10月29日(金)

問い合わせ
ふたば学舎 TEL:078-646-8128/新長田図書館 TEL:078-691-1600

新型コロナウイルス感染症対策について
※参加者にはマスク着用、入場時の検温・手の消毒へのご協力をお願いします。
※今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、中止または延期する場合があります。

聞いたことはあるけど、よくわからない「ゲーム障害」について学べる良い機会になるかもしれませんね。

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。