国産コーヒーも扱う芦屋の焙煎所「RIO COFFEE」が、神戸北野にカフェをオープン。月額定額制パスも提供

ライター:カズマ

芦屋ののどかな住宅街にある焙煎所&コーヒーショップ「RIO COFFEE(リオコー ヒー)」が、コーヒー文化発祥の地である神戸北野に新店舗をオープンしました。


神戸市中央区北野町1-1-14

場所は、神戸北野の老舗ホテル「ホテル北野プラザ六甲荘」の1階になりまして、世界中の産地から買い付けたコーヒーを提供するするそうです。

「特別なコーヒーを日常に」をコンセプトに、定額制コーヒーや学生割も用意。六甲山の間伐材を利用した明るい店内に、店主自ら買い付け・焙煎した世界最高峰のスペシャルティコーヒーを提供。

北野で一番美味しいコーヒーが楽しむべく、日替わりコーヒーは300円。また定額制コーヒー「RIO COFFEE PASS」は月額3,000円から用意しており、毎日使うと100円代になるサービスも。

他にも、鹿児島県・徳之島で栽培するコーヒー果肉で作ったコーヒーティーや、農作物としてのスペシャルティコーヒーの魅力を、若い世代の人にも広めようと、学生を対象に20%割引になる学割もあるそうです。

店舗名RIO COFFEE 神戸北野店
ジャンルカフェ
住所神戸市中央区北野町1-1-14 ホテル北野プラザ六甲荘1階
電話番号078-221-6665
営業時間9:00~18:00
定休日火曜日
リンク公式サイト / Facebook食べログ
駐車場あり

神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。