垂水駅近で新鮮な海鮮ランチ!海が見える『垂水漁港食堂』で食べてきた。「とれたてしらすの釜揚げ」の購入情報も  ~神戸・垂水~

ライター:はるな

✔︎『神戸ダイアリー』はじめました。 地元ライターがお散歩中に見つけた「美味しい」「楽しい」などありのままの日々をつづっています。『神戸ダイアリー』が、お出かけのきっかけになるかも。

JR垂水駅から海側へ徒歩6分ほどの「垂水漁港」にある「水産会館」2階に『垂水漁港食堂』という新鮮な海の幸が食べられる食堂があると聞いて、足を運んできました。

以前は「喫茶うず潮」として親しまれていましたが、現在は『垂水漁港食堂』に変わってメニューに海の幸がぐっと増えたんだそう。

Index

・青い海を一望できる開放的な空間

・新鮮な海の幸を楽しめるメニュー

・とれたてのシラスが購入できる直売所も

青い海を一望できる開放的な空間

外階段を上がり建物の中に入ると、入り口はこんな感じ。

右手には、お店で提供されるお魚に関する情報などがわかりやすく掲示されています。

店内に入ると、海側が全面ガラス張りになっているので開放感があり、青い海を見ながら食事を楽しむことができます。

メニューを見てみると、「垂水漁港」で水揚げされたシラスたっぷりの「とれたて釜揚げシラス丼」や、新鮮なお刺身の盛り合わせ、須磨の海で養殖された「神戸元気サーモン」など、兵庫県で獲れたさまざまな海の幸を使ったメニューが並んでいます。

お持ち帰りメニューもあり、シラス丼や海鮮丼、刺身の盛り合わせなどをテイクアウトすることも。

新鮮な海の幸を楽しめるメニュー

垂水漁港定食 1350円(税込)

テーブルについて早速、色々な種類の海の幸を一度に堪能できると人気のメニュー「垂水漁港定食」を注文します。

「定食メニュー」を注文すると、「ごはん大盛り」もしくは「お替り1回」が無料だそう。

また、「垂水漁港定食」にはもともとシラス丼がついていますが、ついていない定食メニューを注文した場合も、プラス150円でライスをミニシラス丼に、プラス250円でシラス丼並に変更することも。

まずは、お刺身の盛り合わせからいただきます。

今日は、神戸産のサワラ・マダコ/愛媛県産の真鯛/鹿児島県産の真鯛の4種!

どのお刺身もプリプリしていて鮮度抜群です。中でも神戸産のサワラは脂が適度に乗っていて、身がとても柔らかく上品な味わいを楽しめます。

お刺身に使われているお魚は、「水産会館」の下にある競りや漁港から直接仕入れて店内の厨房でさばいているので、とても新鮮です。

「神戸元気サーモン」のフライをいただきます!

フライに使われている「神戸元気サーモン」は、須磨の海で養殖されている神戸のご当地サーモンです。1年間大切に養殖され、旬である春の脂が乗った時期に水揚げされたものを瞬間冷凍しているそう。

臭みがなく適度に脂が乗っており身がしまっていて、レモンがきいたタルタルソースとの相性がよくさっぱりと食べられます。

「釜揚げシラス丼」に使われているシラスには、深夜2:00に出港し、夜明けに水揚げをしたシラスを使用。

漁師さんいわく、夜明けにとれるシラスは、シラスがプランクトンを食べる前に獲るから、透明で綺麗なんだそう。

その透明なシラスを朝の8:00頃に水産会館にある炊き場で釜炊きしたものが、そのままほかほかのご飯の上にたっぷり乗っています。

食べてみると、シラスの自然な優しい旨味と甘み、そこに紫蘇の香りが加わって、ごはんが進む!

ごはんは、兵庫県の農家さんが作ったお米を100%使用しているとのこと。

「垂水漁港定食」を注文すると、この3つの調味料が一緒に提供されます。左から、刺身醤油・出汁醤油・ポン酢の3種類。

出汁醤油とポン酢は、お好みに合わせてシラス丼にかけて食べてみてください。少しずつかけて味の変化を楽しんでみても良いかも。

とれたてのシラスが購入できる直売所も

「水産会館」のすぐ近くには水産加工品の「直売所」があるので、食後には、新鮮な海の恵みをここで購入して帰ることができます。

『垂水漁港食堂』でも使用されているとれたてのシラスを購入することも。

とれたてのシラスを購入したい場合は、漁は基本的に月/火/木/金曜日(雨の日や不漁の時期を除く)に出るので、その日の早くて10:30頃、遅くても12:00頃に直売所に行けば、とれたて炊き立てのシラスを購入できるそうです。

『垂水漁港食堂』では、週末の金・土・日曜日は、魚がなくなり次第営業を終了するとのこと。

午前中の11:00頃から順番待ちが始まって、14:30頃に閉まることもあるそう。

また、その日の魚の在庫によって、遅い時間になると提供できないメニューも出てくるそうなので、どうしても食べたいメニューがある人は早めの行動が吉!

駅から徒歩数分で、垂水の海を眺めながら新鮮な海の幸をたっぷり味わうことができる、山陽沿線ならではのぜいたくを堪能できた訪問でした。

【店舗名】垂水漁港食堂
【ジャンル】海鮮食堂
【住所】神戸市垂水区平磯3-7-125 MAP
【電話番号】070-1276-0995
【営業時間】(月・水・木)9:00~14:30(金・土・日)9:00~16:30
【定休日】火曜日
【リンク】神戸市漁業協同組合 / Instagram 
【駐車場】200台
※紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

 
はるな
ライター:はるな
暑さに弱い、九州産。六甲山から海の近くに毎日通っています。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • わぁ、、、美味しそう。

    釜揚げしらす買いに行ってみます♪

    東京出身神戸市在住なので何時も神戸や近郊の記事楽しみにしてます。

    2022年9月9日9:37 AM 返信する