ポーアイで「アール・ヌーヴォー」の世界を楽しむ『ミュシャ展』 9月19日(日)まで。日本芸術会館

ライター:ふうか

ポーアイの日本芸術会館で「アール・ヌーヴォー」の代表的な芸術家「ミュシャ」の展覧会が、好評につき会期延長で開催されています。

ミュシャ展 アール・ヌーヴォーの華麗なる華

2021年9月19日(日)まで  10:00~17:00
日本芸術会館


神戸市中央区港島中町7-4-1

19世紀末のヨーロッパに起こった芸術様式「アール・ヌーヴォー」を代表する芸術家「アルフォンス・ミュシャ」。

「アール・ヌーヴォー」とは「新しい芸術」を意味する言葉で、作品には従来の様式にとらわれない装飾が施されています。

展覧会には、自由な曲線・花や植物のモチーフなど「ミュシャの世界」を楽しめる作品が集まっているそうです。

「四季・四つの宝石・時の流れ・芸術」など、計30点のシルクスクリーン(ミュシャ財団エンボス印有 限定部数品)が揃えられています。



開催期間
2021年9月19日(日)10:00~17:00

会場
日本芸術会館 3階東側 G棟

休館日
月曜日

観覧料
大人 500円/高校生 300円
※中学生以下無料
※常設展も観覧できます

現代の漫画家やイラストレーターにも大きな影響を与えている「ミュシャ」の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

◆関連リンク
日本芸術会館 – 公式サイト

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。