「神戸市」が全国で一番日本人の人口が減ったみたい

ライター:カズマ

住民基本台帳による人口調査において、全国の市区町村で、神戸の人口が一番減少したようです。

今年1月1日時点の人口により調査されまして、前年比で、日本人住民が6,235人減って、全国の市区町村でワーストとなりました。関西圏では、3番目には、京都市の5,374人減少、堺市の3,693減少などがあります。

日本人に限定せず人口総計で見てみますと、神戸市は全国2番目となりまして、4,910人の減少。京都市は、8番目で3,205人の減少となります。

東京一極集中に加え、大阪市を含む大阪市近辺の自治体、また、最近では明石市への流出も続いている模様です。

全国の市区町村の人口順位を見てみますと、神戸市は1月1日時点では6位と、福岡に続いていましたが、直近の情報では、川崎にも人口が抜かれ、現在7位になっているようです。

川崎については、東京都内で働くにはちょうど住みやすかったりするので、なんとなく理由は分かるような気がします。

川崎に抜かれたのは良いとして、ただ、絶対数として人口がかなり減っているというのは、長期的な取り組みもさることながら、短期的な目先の取り組みもする必要があるかもしれません。

神戸はコンパクトシティとして、ある程度独自路線でいってほしい部分もありますが、さすがに、減り続けるのは税収にも影響しますので、ちょっと心配してます。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    こんな市からはそりゃあ人離れます。
    市民ん馬鹿にしてますもの。

    2020年6月25日8:24 PM 返信する
  • 神戸→川崎→神戸

    神戸出身で東京で就職していて川崎から神戸転勤で引っ越しましたが子育てしにくすぎます。
    給料水準が低いわりに物価も高く、神戸で当たり前だと思ってたことは首都圏から見たら非常識なことが多く、早く関東圏に戻りたいです。
    学校の改善意識も労働時間ぐらいしかなく、自分たちが文句言われないように公立高校への内申点で縛ってるような社会主義都市ですし、無駄なモニュメントやハコモノばっかりに税金を使い、図書館の本などのソフトには金を使わず、地価の高かった東灘図書館に至っては解体して跡地をマンションにしてしまう始末です。移転した区役所横の図書館は規模も蔵書数も可哀そうなぐらい少なく、読みたい本はほとんどありません。
    ただですら政令指定都市最低の1人当たり図書館蔵書数がさらに減った事でしょう。
    川崎市はもちろん、西宮市ですら駅近隣にとても充実した図書館があるというのに情けないです。
    こんな都市に税金は1円でも多く落としたくないので、毎年限界までふるさと納税に努めています。

    2020年1月22日8:54 PM 返信する