無料で配られてる冊子「はじめての六甲山トレッキング」をチェックしてみた。今だから地元のおでかけを考える

ライター:カオル

12月から『はじめての六甲山トレッキングガイド』という冊子が市内で配られてるので、手に取って見てみました。


神戸市中央区雲井通8

冊子を手に入れたのは、JR三ノ宮駅前にある「神戸市総合インフォメーションセンター」。駅東口から海側「ミント神戸」のほうへ行くところ、ポートライナーの駅下にある赤とガラスで囲われた場所です。

観光客の人が行くイメージですが、各地の無料ガイドマップが集めてあって、遠方に行きにくい今「地元のおでかけ情報」を集めやすいと思います。(開館時間は、当面の間10:00~16:00)

『はじめての六甲山トレッキングガイド』は表紙含めて12ページで、山歩き初めての人に向けた「トレッキング基礎情報」と始めやすい「4コース」が紹介されてます。

東西30kmの六甲山は「駅」からのアクセスもよく、ちょっと頑張れば大パノラマを眺められるルートがいろいろあるようです。

コースごとにページが作られていて、途中に出会う景色の写真と、「コンクリート道」や「登山道」などがどんな感じであるかなども解説、実際の登りやすさがイメージしやすいかもしれません。

ちょっと迷いそうなルートが「写真+矢印付き」でのってたりするで、安心感があります。

それぞれのコースの「目安の時間」や「距離」「歩きやすさ」が示されていて、2時間ちょっとから4時間まで、自分の体力を想像しながら確認できます。

「はじめての…」なので、基本的な「服装の選び方」や「持ち物」「登山中の行動」も紹介。

コロナによって、登山をしようという人が増えている中で「安全」に楽しめるようにと企画された冊子なので、マスクや消毒など登山中の「コロナ感染防止策」もチェック。マスクは必要な時のため「用意しておく」のが大事とのこと。

スマホと比べてみました。登山の時にも、持ち歩けなくもない大きさかと。

内容についてはサイトで見ることもできるので、自分が行くコースだけを印刷して持ち歩くという方法もあります。

冊子の無料配布は3000部で、最初に紹介した場所含め5か所に置いてあるそう。

【ガイドブック設置場所】
・神戸市総合インフォメーションセンター
・新神戸観光案内所
・好日山荘 センタープラザ神戸本店
・石井スポーツ 神戸三宮店
・コロンビア 神戸店

今の時期は登るの寒いし…という人も、暖かくなったらを想像しながら見るのにいいんじゃないでしょうか。

◆関連リンク
アクセス!神戸六甲山 – 公式サイト
神戸市総合インフォメーションセンター – 公式サイト

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • とよぎ

    ええやん。神戸に、行ったら、貰いに、行きます、

    2021年1月28日7:51 AM 返信する