神戸市内の飲食店『時短は4月21日まで』感染拡大を受け継続

ライター:カズマ

兵庫県内では、新型コロナウイルス新規感染者数が100人を超える日が続くなど、感染拡大の傾向が続いています。

緊急事態宣言解除から1ヶ月の神戸・大阪の感染状況に第4波の兆し。東京も増加傾向

2021.03.30

変異株による感染も増加している状況で、年度初めの歓迎会や花見の開催など飲食機会を警戒していることもあり、時短営業要請の継続が決定しました。エリアについては少し拡大しています。

飲食店等に対する時短要請:次の地域に営業時間短縮【21時までの営業(酒類の提供は20時30分まで)】要請しています。ご協力をお願いします。
※アクリル板の設置や座席間隔の確保、換気の徹底(CO2センサーの活用等)など感染防止対策の強化を要請



期間
2021年4月1日~4月21日  ※既に対象地域の神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市は、引き続き

地域
・神戸地域(神戸市)
・阪神南地域(尼崎市、西宮市、芦屋市)
・阪神北地域(伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町)
・東播磨地域(明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町)
・中播磨地域(姫路市、市川町、福崎町、神河町)

 県民の皆様へのお願い(家庭、施設等へのウイルス持込み防止)
・感染拡大地域をはじめ不要不急の都道府県間の移動を控えてください。
・業種別ガイドライン等に基づく感染防止策を講じていない飲食店、カラオケ店など、リスクのある場所への出入りを自粛してください。
歓送迎会、花見による宴会、自宅での飲み会(宅飲み)など、大人数・長時間の飲食は自粛してください。特に若い方々は、感染防止を我が事としてとらえ、責任ある行動をとってください。
・会食の際は、次のことを守ってください。
 ・1グループ4人単位(同居家族を除く)
 ・長時間の飲食は控える(2次会等に行かない)
 ・会話の際は、扇子やマスク等により、飛沫を防止
・会食など、感染リスクの高い施設の利用後は、一定期間人との接触に注意するなど、家庭内においても「人にうつさない」行動をしてください。
・マスク、手洗い、定期的な換気、周りの人との一定の距離の確保など3密(密閉、密集、密接)の回避をお願いします。
在宅勤務(テレワーク)テレビ会議などに一層取り組んでください。


飲食店じゃなかったら大丈夫とかではないので、自宅での飲み会(宅飲み)などでも大人数・長時間の飲食は避けましょう。

 
カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。