「元ワールド」デザイナーのセレクトショップ『アトリエ・ヒュー』大人なファッションを自分らしく。三宮センター街と旧居留地の間

ライター:れいな

神戸でオープンしたお店や会社など紹介する連載シリーズ。神戸市が実施する無料の開業支援サービス「神戸開業支援コンシェルジュ」を活用し、現在活躍中のお店をピックアップしていきます。

今回は、いくつになっても輝きたい女性の強い味方、セレクトショップ『アトリエ・ヒュー(ATELIER HUE)』をご紹介。


神戸市中央区三宮町2-6-9

お店の場所は、三宮センター街と旧居留地の間あたりで、「ホテル ケーニヒス・クローネ 神戸」から山側、「パティスリートゥーストゥース 本店」から西側のブロックに入ったあたりです。

三宮センター街から1本海側にある「三宮本通商店街」、さらに1本海側に入った「三宮センターサウス通り」にある、「サンシャイン三宮」というビルの2階です。建物入り口の床屋さんの看板や、歯医者さんの看板が目印です。

東を向くと、こんな感じ。突き当たりの角には「マザームーンカフェ 三宮店」があり、左に曲がると、三宮本通商店街。右に曲がると、三宮中央通りに出て、向かいに「ホテル ケーニヒスクローネ神戸」が見えます。

西にずっと進むと「神戸セントモルガン教会」の裏を通って、トアロードの「神戸BAL」のあたりへ。旧居留地が近くて裏通り的なエリアですので、カフェや雑貨店も多いエリアです。

レディース セレクトショップ「アトリエ・ヒュー」の特徴

国内外から集められた服やオリジナルブランドの服、ヨーロッパのアンティーク雑貨も扱う、自立した大人の女性に向けたセレクトショップです。

店主でバイヤーの塩田久枝(しおた ひさえ)さんが年に2回、イギリス・フランス・イタリアなどのヨーロッパを回り、厳選したものが並びます。40年以上アパレル業界に携わってきた人脈をいかし、中には日本初上陸のブランドも。

さらに、元ワールドのデザイナーだった塩田さんが手掛けるオリジナルブランド「HUE Line」の服も並び、共通するのは「上質な素材が使われた、着心地のいい服」「華美ではなく、センスが良いと言われる服」。デパートへの買い物、友人との食事、職場に着ていくのも良さそうです。

メインターゲットは50代・60代の女性となっていて、海外で仕入れた上品で明るい色合いのものを多く揃えています。

オススメの商品

塩田さんがデザインするオリジナルブランドHUE Lineの商品は、セミオーダー可能で、価格はセミオーダー込みで2~3万円代が中心です。

高い服を買ったのに、重くて肩がこる、袖回りがキツイ。ジャケットやスカートも、ほんの少し丈の長さやボタンの数が違うだけで、まったく印象が変わって、ピッタリくるものが見つからない。そんな人も多いはず。

塩田さんは、前の職場などで出会った信頼できるパタンナー・縫製技術者・素材メーカーとタッグを組んで着心地の良さを実現。お客さん一人ひとりに合わせ、丈や袖回りなどを調整し、長く着続けられる服を提案しています。

さらに「買ったはいいけれど、何と合わせればいいかわからない。」という事がないよう、コーディネートの提案も。昨年流行したファッションを、今年はどうアレンジすれば良いかもアドバイス。

大人の女性が、ファッションの力を借りて輝けるようサポートしているそうです。

神戸でお店をオープンしたキッカケ

50代を迎えて、それまでのファッションが「似合わなくなった」と感じた塩田さん。若い頃は着心地に違和感があっても「オシャレのため」としていた我慢も、年齢を重ねるとできなくなっていきました。

周りの人に聞いてみると、同じような悩みを持っていて「どこで洋服を買えばいいかわからない」「似合う洋服を探し回るのも疲れる」という声が。

そこで、「同じ世代の女性に似合う洋服を集めたセレクトショップを開こう」と40年以上暮らして来た神戸で開業を決意。女性の経営者も積極的にサポートする、神戸市が実施する無料の開業支援サービス「神⼾開業⽀援コンシェルジュ」を利用。

苦手意識のある事業計画書の作成には「思いを言葉にする」などの作業が必要でしたが、コンシェルジュでの相談を通して、思いを見える化し、2018年に「アトリエ・ヒュー」をオープンしました。

今後の目標

洋服を通して、女性がいくつになっても自分らしく「私は私」と芯をもって生きていけるよう、サポートしたいというのが、塩田さんの目標です。

重かったり、窮屈な服を着ていると、心まで余裕がなくなってイライラしがち。年齢とともに、似合う服が見つけづらくなると「私が年を重ねたから」と落ち込んでしまいます。

でも、それはライフステージが変わって「似合う服」が、少し変化しただけかも。丈の長さを1cm変えるだけで、ピッタリくるものに変わるかもしれません。

そして、着心地の良い似合う服を着ていると、心まで軽くなって、無理せず、自分らしくいられそうな気がします。

アトリエ・ ヒューの「ヒュー(HUE)」には「色相環・色合い」という意味がありますが、塩田さんの服に後押しされて、自分らしく、より人生が色づく女性が増えるかも。

いつまでも自分らしく。

店舗名アトリエ・ヒュー
ジャンル婦人服
住所神戸市中央区三宮町2-6-9 サンシャイン三宮206号       
電話番号090-1029-1700
営業時間11:00~19:00
定休日火曜日・水曜日
リンク公式サイト / ブログ / Facebook / Instagram
駐車場なし

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

れいな
ライター:れいな
「東遊園地」には観覧車があると思った人。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。