「地方企業」と「副業・兼業」をしたい人をマッチングするサービス『JOINS』が神戸市との連携協定を締結

ライター:ユカコ

地方企業と大都市の副業・兼業人材のマッチングサービスを展開する『JOINS』が神戸市と連携協定を締結し、「地域企業」と即戦力になる「副業・兼業人材」をつなぐ取り組みを共同で開始しました。

『JOINS』は企業が抱える「課題」に対して人材を募集するため、依頼する業務は比較的柔軟で期間は課題が解決するまで(曜日は問わず週に8時間の業務時間が平均)という働き方ができるサービスなのだそう。

連携内容

(1)『JOINS』による人材マッチング

「地域企業」10社程度が『JOINS』を通して「副業・兼業プロ人材」のマッチングに取り組み、その成果を他自治体や企業にセミナー等で発表することを予定。

参画企業に利用プロセスや成果開示等で協力を得る観点から『JOINS』利用手数料は人材への業務委託開始後3ヶ月まで「無償」とされる予定です。

神戸市は地域企業とのネットワークを活かし、対象企業の選定など連携期間中の取り組み全般をサポートします。

【具体的な流れ】
『JOINS』のシステムを活用して参画企業の人材を募集→面談→マッチング→業務遂行までをサポート

今回は2つの課題『業務効率化によるコスト削減 』『新商品/新販路開拓等による新事業創出』のいずれかに該当する取り組みについて、「企業」から「人材」に業務委託をする内容となっているそう。

(2)神戸市の移住相談窓口での連携

東京都の有楽町にある神戸市の移住相談窓口「ふるさと回帰支援センター」で『JOINS web サイト』を活用し、移住に興味のある方や移住を検討されている方に対して神戸市やその近郊の魅力的な副業を紹介し、神戸市への移住実現に向けてサポートをする内容です。

窓口には神戸市の専属の相談員が常駐し、移住に関する情報提供や問い合わせの受け付けなどを行っているそうです。


課題の解決を通じた「副業・兼業人材」と「副業・兼業人材を求める地方企業」のマッチングと、神戸への移住や神戸周辺での副業を検討している人のサポートを推進する取り組み。

「こういう働き方がしたい」「こういう職種の人材と働きたい」などの価値観の共有、新たな雇用や生活の場の創出が期待できそうです。

◆関連リンク
JOINS(ジョインズ) – 公式サイト
神戸市– 公式サイト

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。