「中央市民病院」に新型コロナ専用の『臨時病棟』ができたみたい。重症者に対応

ライター:カオル


画像提供:神戸市立医療センター中央市民病院

中央市民病院に、新型コロナの重症患者を受け入れられる「臨時病棟」ができあがったそうです。


神戸市中央区港島南町2-1‐1

臨時病棟ができたのは、中央市民病院の西側、もともと職員駐車場があったところで、広さ約2000㎡。


画像提供:神戸市立医療センター中央市民病院

緊急事態宣言が出ていたころなど、コロナの重症患者は「中央市民病院」が中心に受け入れていたため、「コロナ以外の救急患者」の受け入れが制限されたことを受け建設することになりました。

6月の発表から4か月半ほどで完成した、プレハブ造りの1階建ての病棟です。


画像提供:神戸市立医療センター中央市民病院

中に入ると通常の病棟と変わらない雰囲気。36病床あって、集中治療室(ICU)機能を備えた重症者用の個室が14床

残りも全て「重症患者」を受け入れられる設備で、空気感染しにくいように気圧を低くする「陰圧」ができるそう。

臨時病棟の隣には「CT撮影室」、「PCR検査室」もあって、本館に行かずにもろもろ対応できるようです。

個室でしょうか。5室ほど相部屋(4床室)もあるそうです。

これから医療機器を入れたりして、11月9日(月)から運用開始できる予定とのこと。

神戸市の「患者数」は、10月22日時点で、重症者は5人、入院中や宿泊療養などをしている人が84人

9月末から少しずつ増えているのが分かります。

また冬になったら…という不安がある中、医療体制を整えてもらえると少し安心します。医療従事者の方への負担もありますし、使わずに済むのが一番ですが。

◆関連リンク
神戸市立医療センター中央市民病院 – 公式サイト

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。