神戸市消防局がコラボする『G-SHOCK 緊急消防援助隊モデル』が6月に発売されるみたい

「神戸市消防局」と「仙台市消防局」がデザインに全面協力した、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”の緊急消防援助隊コラボレーションモデル『GW-9400NFST』が、2020年6月にカシオより全国発売されるそうです。

神戸市消防局とのタイアップは3度目で、2015年の全国消防救助技術大会(神戸市開催)限定モデル、2018年の神戸市消防局救助隊発足50周年記念限定モデル、そして仙台市消防局も加わった今回の緊急消防援助隊モデルです。

1度目のモデルはこちら↓↓

G-SHOCKが『神戸市消防局タイアップモデル』を発売するみたい。ブランド史上初の消防とタッグで神戸市消防局が全面監修。7/17(金)発売

2015.07.02

G-SHOCKRANGEMAN「GW-9400NFST」緊急消防援助隊コラボレーションモデル
【発売日】2020年6月頃(未定)
【メーカー希望小売価格】50,000円(税別)
【販売地区】全国発売
【販売者】カシオ計算機株式会社

商品動画もあります。

ベースモデルは、耐衝撃性能に加え、方位、気圧/高度、温度が計測可能なトリプルセンサーを搭載した“RANGEMAN(レンジマン)”を採用。色は、仙台市消防局の防火服に用いられている黒を基調に、消防車の赤がアクセントカラーとなっています。

3時側のボタンリングや「SENSOR」の印字などは、防火服の反射材をイメージしたビビッドな黄色、バンドは表が黒、裏が赤の高強度のカーボンファイバーインサートバンドで、センター部分には救助道具のロープのイラストが描かれています。

また裏蓋や遊環、液晶など時計や専用パッケージには、緊急消防援助隊や両消防局のロゴがあしらわれています。

1995年の阪神・淡路大震災と、それを機に同年設立された「緊急消防援助隊」制度が今年で25年目ということで、防災意識をさらに深めるきっかけになれば。

◆関連リンク
GW-9400NFST-1AJR – 製品情報 – G-SHOCK – CASIO

コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。