家庭料理での失敗の原因は約70%が火加減。神戸の会社「ビタクラフト」が調理温度が見えるフライパンを販売

ライター:カズマ

神戸の会社「ビタクラフトジャパン」が、調理温度が見えるフライパン「ビタクラフト テンプパン」を全国の主要百貨店、専門店約200店舗、ビタクラフト公式オンラインショップで販売開始したそうです。

たしかに、テレビの料理番組で温度を言われても「ピンとこない」ことが多かったので、結構助かるんじゃないでしょうか。


調理イメージ

ビタクラフトが行った調査で、調理経験の浅い場合が多い20代~30代の男女ではもちろんのこと、ベテランの主婦が多いと推測される40~50代の女性ですら、7割以上が火加減による失敗経験があると回答しました。

実は、料理や食材によって適温があり、「おいしくなる温度」は80℃~210℃までと100℃以上の幅があるそうです。


特許技術!調理面に内蔵された温度センサーで計測した1℃刻みの調理温度がリアルタイムでハンドル部分に表示されます。

テンプパンは調理面に内蔵された温度センサーで調理温度を計測、1℃刻みの温度をハンドルの部分に表示し、確認しながら調理することが可能です。

さらに付属の取扱説明書&レシピブックでは40種類の料理を掲載、調理温度を紹介しています。

従来の「強火」「中火」「弱火」といった、調理する人ひとりひとりによって違う感覚的な「火加減」から、料理が「おいしくなる温度」で管理する「温度加減」へと、調理が劇的に変化しそうです。

温度センサーは乾電池で動きますので、取っ手部分に乾電池が2本入る形になります。

ビタクラフト テンプパン



テンプパン22cm(ガラス蓋付き)
【サイズ】内径22.0cm 深さ4.2cm【本体価格】16,000円(税抜)【電源】単4乾電池2本


テンプパン26cm(ガラス蓋付き)
【サイズ】内径26.0cm 深さ5.5cm【本体価格】20,000円(税抜)【電源】単4乾電池2本

特徴
・調理温度が目で見てわかる!
・感覚論の「火加減」から絶対的な「温度加減」へ。失敗の心配なし。
・「食感」も思いのまま!適材適温の法則!
・温度が見えるから、コーティングが長持ち!高温警告表示(240℃以上)もついて、安心!
・「焼く」「炒める」だけでなく「煮る」「ゆでる」もテンプパンで。
・耐磨耗テスト200万回をクリアした高い耐磨耗性。

それにしても、よく考えたら料理している人は温度をどうやって測ってるんですかね。温度計とかはありますが、毎回出しているような感じもイメージできませんし。

◆関連リンク
ビタクラフト – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長