六甲山をのんびり歩くイベント『第10回 神戸・六甲山ツーデーウオーク』5/11-12 好日山荘の「Mt.FESTA 2019 in 六甲」も同時開催

ライター:カズマ

春の六甲山をみんなでのんびり楽しく歩くウオーキングイベントが開催されます。初心者向けから健脚向けまで6コースが選べます。

第10回 神戸・六甲山ツーデーウオーク

2019年5月11日(土)~12日(日)
六甲山上一帯


神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98

ゴール会場の六甲山カンツリーハウスで、好日山荘プロデュースのMt.FESTA 2019 in 六甲が開催されていますので、好日山荘スタッフによるワークショップや、ボルダリング体験会なども楽しめるそうです。

受付
開催日当日、スタート地点で受付

メイン会場
六甲山カンツリーハウス

参加費
500円/1人1日 (3歳以下無料)
※開催当日、スタート地点で受付
※参加費には六甲山カンツリーハウス&六甲高山植物園の入園料を含む
※小学生以下は保護者の同伴、介助の必要な方は介助者の同伴が必要

参加特典
①オリジナルサコッシュプレゼント
※おひとりさま一点のみ、数量限定
②遊具フリーパス割引
参加当日に限り、ゼッケンのご提示で六甲山カンツリーハウスの遊具フリーパスが500円引き
③六甲高山植物園の入園料金無料
参加当日に限り、ゼッケンの提示で六甲高山植物園の入園料金が無料

5月11日(土)コース

Aコース ハイキングコース
【距離】約12km 健脚向き
【所要時間】約4時間~約4.5時間
【集合場所】王子公園駅(阪急王子公園駅下車北側すぐ)
※王子公園の各改札口から係員 or 矢印案内にそってお越しください。
【受付時間】受付:9:00~10:00/スタート:9:30
【コース詳細】王子公園(集合場所) → 妙光院 → 青谷道 → 行者茶屋跡 → 摩耶山史跡公園→ 摩耶山上・掬星台 → アゴニー坂 → 杣谷峠 → 六甲山記念碑台 → 瓢箪池→ 六甲高山植物園(入園) → 六甲山カンツリーハウス【ゴール】

Bコース 山上周遊コース
【距離】9km 一般向き
【所要時間】約2.5時間~3時間
【集合場所】六甲山カンツリーハウス
【受付時間】受付:9:30~10:30/スタート:10:00
【コース詳細】六甲山カンツリーハウス(集合場所) → みよし観音 → 神戸ゴルフ倶楽部 → ノースロード → ダイヤモンドポイント → 丁字ヶ辻 →  六甲山記念碑台 → 瓢箪池 → 六甲高山植物園 → 六甲山カンツリーハウス【ゴール】

Cコース 山上お散歩コース
【距離】約3km ファミリー向き
【所要時間】約1時間
【集合場所】天覧台(六甲ケーブル山上駅)
【受付時間】受付:10:30~10:30/スタート:11:00
【コース詳細】天覧台(六甲ケーブル山上駅:集合場所) → 神戸ゴルフ倶楽部 → 瓢箪池→ 六甲高山植物園(入園) → 六甲山カンツリーハウス【ゴール】

5月12日(日)コース

Dコース ハイキングコース
【距離】約8km 健脚向き
【所要時間】約3時間
【集合場所】深田池公園(阪急御影駅下車、北側すぐ)
【受付時間】受付:9:00~10:00/スタート:9:30
【コース詳細】深田池公園【集合場所】 → 落合橋 → 荒神山新道 → 五助分岐 → 石切道 → 六甲ガーデンテラス → 六甲山カンツリーハウス【ゴール】

Eコース 山上周遊コース
【距離】約7km 一般向き
【所要時間】約2時間
【集合場所】六甲山カンツリーハウス
【受付時間】受付:9:30~10:30/スタート:10:00
【コース詳細】六甲山カンツリーハウス(集合場所) → 六甲ガーデンテラス → みよし観音 → ノースロード → 六甲山記念碑台 → 瓢箪池 → 六甲オルゴールミュージアム前 → 六甲高山植物園(入園) → 六甲山カンツリーハウス【ゴール】

Fコース 山上お散歩コース
【距離】約3km ファミリー向き
【所要時間】約1時間
【集合場所】天覧台(六甲ケーブル山上駅)
【受付時間】受付:10:30~11:00/スタート:11:00
【コース詳細】天覧台(六甲ケーブル山上駅:集合場所) → 神戸ゴルフ倶楽部 → みよし観音→ 六甲ガーデンテラス → 六甲山カンツリーハウス【ゴール】


問い合わせ
六甲山カンツリーハウス 078-891-0366
※中止の場合は開催当日の6:00以降、六甲山カンツリーハウスのホームページ or 電話(06-6373-5656・自動応答)で案内

◆関連リンク
六甲山カンツリーハウス – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。