『神戸2021世界パラ陸上競技選手権大会』が2022年まで開催延期。東アジア初のパラ陸上世界選手権

ライター:ユカコ

2021年9月に開催予定だった『神戸2021世界パラ陸上競技選手権大会』の開催が、2022年8月まで延期されました。「東京2020パラリンピック競技大会」の開催が、2021年に延期されたことを受けての措置のようです。

開催日程
2022年8月26日(金)〜9月4日(日)
※当初は、2021年9月17日(金)〜26日(日)の開催を予定。

競技会場
神戸総合運動公園 ユニバー記念競技場

参加人数
約100か国より選手約1,300人(うち約400人は車いす利用者)

神戸で開催されるこの大会は、東アジア初のパラ陸上の世界選手権となっています。コロナが収束し、選手たちの姿に勇気づけられる日が来ることを願っています。

◆関連リンク
JPA日本パラ陸上競技連盟 – 公式サイト

ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。