神戸市初の消防士・消防車による「打ち水大作戦」涼を感じて、熱中症対策

ライター:ビッグブリッジ

神戸市における熱中症による救急搬送者数は7月末現在で668名となっていて、熱中症の統計調査開始以来、過去最多だそうです。

連日の猛暑を背景に暑さ対策として、神戸市では「こうべ打ち水大作戦」を実施していますが、消防局でも熱中症等を予防する事を目的に「こうべ打ち水大作戦」を初めて実施します。消防車による打ち水など消防局ならではの方法で、楽しみながら熱中症対策をしましょう。

スケジュール
消防職員および消防団員が、消防車や水消火器などを使用してイベントや公園などで打ち水をします。

実施期間としては、9月14日(金)までです。

近場でもやってると思いますので、子どもと一緒に遊びに行ってはいかがでしょうか。

ビッグブリッジ
ライター:ビッグブリッジ
神戸ジャーナル 編集長