【厳選】神戸で長年愛される、安くて美味しい『町中華』ランチ10選。~三宮・元町・県庁前~

ライター:ふうか

 

今、昭和の雰囲気を感じる昔ながらの大衆的な『町中華』が幅広い年代で人気を呼んでいます。

お手頃・美味しい・ボリューム満点と、町中華はランチにぴったり。

今回は、中華激戦区の神戸の中でも「三宮・元町周辺」で、地元で長年愛されている中華料理屋さんを厳選して「10店」ご紹介します。

もくじ
● 【三宮】中華料理 丸萬(まるまん)
● 【三宮】雲井亭 本店
● 【元町】中華料理 青葉
● 【元町】広東料理 香美園(こうびえん)

● 【元町】広東料理 順徳
● 【元町】丸玉食堂
● 【元町】良友酒家(りょうゆうしゅけ)
● 【県庁前】龍泉(りゅうせん)
● 【県庁前】華園(かえん)
● 【県庁前】中国広東省家庭料理 杏杏(しんしん)

【三宮】中華料理 丸萬(まるまん)


画像:Instagramより(@m.bon.m

『中華料理 丸萬』は各線 三宮駅から徒歩8分、三宮センター街の1本海側にあるお店です。

創業してから70年ちかく続く老舗で、店内には昭和の雰囲気が漂っています。


画像:Instagramより(@erikojiaoi

人気メニューのひとつ「雲呑麺 ワンタンメン(750円)」。

ほぼ透明の透き通ったスープに、細めの平打ち麺と大きめのワンタンが入っています。

ちなみに、メニュー名がほとんど漢字表記なのも味わい深いところ。


画像:Instagramより(@kobe_meshi

こちらでは、中華料理店なのに「オムライス(850円)」も看板メニューになっています。薄焼き卵にケチャップというシンプルなものだけに、ファンも多いそうです。

ランチメニューにはA 炒そば・ライス/B ラーメン・ミニ炒飯/C ワンタン・ミニ炒飯の「サービス定食(850円)」、S1 酢豚・ライス・小スープ/S2 八宝菜・ライス・小スープの「サービスランチ(1050円)」が用意されていて、時間は11時~14時。

通し営業なので、お昼の時間をちょっと逃しても安心ですね。

営業時間
11:00~20:00

定休日
水曜日

【三宮】雲井亭 本店


画像:Instagramより(@a_d._r

『雲井亭 本店』はJR三ノ宮駅から徒歩3分、ダイエーや三宮オーパ2などが入っている「サンシティ専門店街」の1階にあります。

入口は道路側にあり、窓ガラスいっぱいに貼られたメニューが印象的です。


画像:Instagramより(@tsuccyii

こちらの特徴は、なんといってもそのボリューム。

ラーメン・チャーハン・油淋鶏のセットで980円と、抜群のコスパでお腹いっぱいになります。


画像:Instagramより(@blake_3150

ラーメン・マーボー丼がセットになった「マーボー丼定食(830円)」。ラーメンは醤油 or とんこつが選べるみたいです。

定食・セットメニューは15種類以上あり、選ぶのに迷ってしまいそう。

こちらも通し営業で、どの時間帯でも定食メニューが注文できますよ。

営業時間
11:00~24:30

定休日
なし

【元町】中華料理 青葉


画像:Instagramより(@marusanman

『中華料理 青葉』は各線 元町駅から山側に徒歩2分、鯉川筋より少し東の通りにあります。

本場の食堂のような雰囲気のお店で、本格的な台湾の家庭料理が楽しめるお店です。


画像:Instagramより(@eijimutsuyoshi

定番メニューのひとつ、「魯肉飯 ルーローハン(300円)」。甘めのしょうゆ味で煮込んだ豚肉をご飯に乗せた、代表的な台湾料理です。

日本人向けにアレンジされていない、香辛料が効いた味わいなんだそう。


画像:Instagramより(@isato_urawa

からあげや台湾風卵焼きのほか、ホルモンや豚足などお酒に合いそうなメニューも。

ランチメニューには「ランチA 魯肉飯・台湾湯麺(750円)」、「ランチB 魯肉飯・米粉湯(800円)」などが用意されています。

ちなみに、壁に貼ってあるメニューはすべて台湾語なんだそう。手元のメニューには日本語表記もあるのでご安心ください。

営業時間
12:30~21:00

定休日
木曜日

【元町】広東料理 香美園(こうびえん)


画像:Instagramより(@udonsoba_hyogokyoto

『広東料理 香美園』は各線 元町駅から西に徒歩3分、元町商店街の1本山側の通りにあるお店です。

1967年創業で、長く地元で愛されている「広東料理」が楽しめます。


画像:Instagramより(@yoshinorikun

お客さんの7割が注文するらしい、名物の「中華カレー(小 700円/大 950円)」。

とろみの少ないあっさりしたカレーで、一度食べたらやみつきになる人が多いみたいです。


画像:Instagramより(@renren7_14_28

ほかに、具沢山の「五目やきそば(小 800円/大 1100円)」も人気メニューのひとつ。

ボリュームはありますが、優しい味付けと「カラシ」の味変で、意外と軽く食べきれるみたいです。

ほとんどのメニューに小(1人前)と大(1.5人前)があるので、お腹の空き具合に合わせて分量が選べますよ。

営業時間
11:00〜15:00/17:00〜20:30

定休日
月曜日(祝日の場合は火曜日)

【元町】広東料理 順徳


画像:Instagramより(@eniiooio

『広東料理 順徳』は各線 元町駅から山側に徒歩6分、鯉川筋より少し東に入った通りにあります。

先ほどご紹介した「中華料理 青葉」のすぐ近くにある、本格広東料理が楽しめるお店です。


画像:Instagramより(@labellelune425

名物「ネギソバ」は、麺・白髪ねぎ・チンゲン菜だけという極めてシンプルなラーメン。

平日限定「お昼のサービスセット(各800円)」には、「ラーメンセット(ラーメン+ヤキメシ 小)」「ネギソバセット(ネギソバ+ヤキメシ 小)」「ワンタンセット(ワンタン+ヤキメシ 小)」の3種類が用意されています。


画像:Instagramより(@8rii_food8

海鮮料理・肉料理など「一品メニュー」もかなり豊富で、中でもじゃがいもを揚げて器にした「海鮮3種炒め」などが人気のようです。

お昼時などは待機列ができるぐらいの人気店なので、少し時間に余裕をもって行くのがおすすめ。

営業時間
11:30~14:30/17:00~21:00

定休日
月曜日

【元町】丸玉食堂


画像:Instagramより(@tokukodeguchi

『丸玉食堂』は各線 元町駅から徒歩1分、西口改札を海側に出てすぐの高架下にある台湾料理のお店です。

少し奥まった入口から奥に行くほど、店内が細長く広がっています。


画像:Instagramより(@erikojiaoi

一番人気なのは、餡かけ卵とじ麺「ローメン(550円)」。見た目よりもあっさりとした味わいなんだそうです。

ランチメニューには、平日限定「A定食(肉めし・汁そば)」や「焼き飯定食(焼き飯・汁そば)」などが用意されているみたい(各750円)。


画像:Instagramより(@1988hal

一品メニューの中では「春巻き」や「腸詰め」などが人気のようです。

豚足やホルモンなど、現地の食堂らしいビールに合うメニューも揃っています。

通し営業なので、昼からちょっとビールを一杯、というお客さんも結構いるんだとか。

営業時間
11:00~20:00

定休日
月曜日・火曜日

【元町】良友酒家(りょうゆうしゅけ)

『良友酒家』は地下鉄 県庁前駅から山側に徒歩6分、山手幹線沿いで「鯉川筋」と「トアロード」のちょうど間ぐらいにあります。

創業約30年のお店で、地元の華僑(日本に住む中国人の方)から絶大な支持を受けているそうです。


画像:Instagramより(@summer_neverends

こちらの定番は「牛シチュー揚げそば(945円)」。八角などの香辛料で何時間も煮込んだ牛バラ肉が、オイスターソースで味付けされています。

このほかに、同じ牛シチューがのった「汁そば」もあるそうです。


画像:Instagramより(@marusanman

「本日のランチ(930円)」では、日替わりでメインのおかずが「2種類」味わえるのが嬉しいところ。

ご飯おかわりOKとボリューム満点&お値打ち価格なので、お昼時には賑わいを見せています。

夜には魚介類・肉・野菜など約40種類の具材が入った「火鍋」も楽しめるみたいです。

営業時間
11:15~14:30/17:00~20:00

定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)

【県庁前】龍泉(りゅうせん)


画像:Instagramより(@___min.ly___

『龍泉』は各線 元町駅より山側に徒歩8分、鯉川筋沿いにあるお店です。

こちらでは、皮から手作りのこだわりの「点心」などが味わえます。


画像:Instagramより(@jiadai14

ランチメニューには「点心飲茶Aコース(点心5種)1000円」「点心飲茶Bコース(点心7種)1150円」があり、海鮮粥や焼飯などが選べます。

「海鮮焼売」や「肉焼売」など定番点心のほか、「ヒスイ餃子」など人気の点心が一度に味わえるところが人気なんだそう。

「飲茶ランチ」についてはこちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

【絶品】神戸で「飲茶ランチ」が楽しめる中華料理のお店 6選

2022.02.28


画像:Instagramより(@yukarin.1106

夜には本格的な「漢方薬膳餃子火鍋」が楽しめます。3種類の餃子が入っていて、あまり辛くない食べやすいお鍋なんだそうです。

昼夜問わず、本格的な「飲茶」がお手頃に楽しめる「龍泉特別飲茶コース(1760円)」も注文できますよ。

営業時間
11:30~14:30/17:00~21:30

定休日
水曜日

【県庁前】華園(かえん)


画像:Instagramより(@speedster_taku

『華園』は地下鉄 県庁前駅から徒歩7分、山手幹線より少し山側にあるお店です。

お昼時にはタクシーの運転手さんでいっぱいになるような、地元で愛される「王道中華」が楽しめます。


画像:Instagramより(@ykcn_2l5

11時半~14時半のランチタイム限定で、「ラーメン+小やきめし」「やきめし+小ワンタン」のセットメニューが用意されています(730円)。

ホワイトボードにメニューが書いてある「日替わりランチ(750円)」は、かなりボリューム満点です。

からあげは「握りこぶし」ぐらいのサイズがあるそうで、初めて注文すると驚いてしまうかも。


画像:Instagramより(@marchan0320

大きなワンタンがごろっと入った「ワンタンメン(620円)」も人気メニューのひとつです。

お手頃価格でしっかりお腹いっぱいになるので、美味しい定番中華をガッツリ食べたい!というときにぴったりなんじゃないでしょうか。

営業時間
11:30~20:00

定休日
水曜日

【県庁前】中国広東省家庭料理 杏杏(しんしん)


画像:Instagramより(@foodhunter.1977.10.10

『中国広東省家庭料理 杏杏(しんしん)』は地下鉄 県庁前駅から徒歩4分、鯉川筋から少し西に入った、山手幹線と生田新道の間ぐらいのところにあります。

素朴な点心や、優しい味わいの中華粥が人気のお店です。


画像:Instagramより(@ikuranchi

ランチには、「中華粥セット(中華粥・やきそば・くだもの)」と「咖喱飯セット(鳥のカレーライス・エビワンタン・くだもの)」が用意されています(各1100円)。

とろとろの「中華粥」は量が多いように見えますが、鶏ガラや干し貝柱の旨味がたっぷりで、サラっと食べられるそう。

そのほか「水ギョーザ」や「スブタ」など、単品メニューも注文OKです。


画像:Instagramより(@kouta8778

焼売などの定番点心のほか、「海老のライスペーパー巻き」も人気メニューのひとつです。

小ぶりな「焼き豚まん」など、シンプルな味付けでいくらでも食べられそうと評判なんだとか。

お店に入ってすぐはコンパクトなカウンター席のみですが、奥にはテーブル席もあるみたいです。

営業時間
11:30~14:00/17:00~21:00

定休日
日曜日・第3月曜日


いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「中華料理」「三宮/元町グルメ」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    順德は元町から徒歩2、3分。
    龍線も、元町から5分もかからない場所にあるはずです。
    徒歩での時間表記がおかしいです。

    2022年4月19日1:36 AM 返信する