兵庫県2店舗目となる「牛カツ京都勝牛」がミント神戸にできるみたい

ライター:カズマ

ミント神戸の地下1階に、兵庫県2店舗目となる「牛カツ京都勝牛」ができるみたいです。「牛カツ弁当」を全国に先駆け、ミント神戸店から先行発売されるとのこと。


神戸市中央区雲井通7-1-1

「牛カツ京都勝牛」は2014年に京都で創業し、2022年1月時点、日本国内50店舗以上を展開中のチェ―ンです。海外では韓国、台湾、カナダ、香港の4ヶ国に展開。

牛カツのこだわりは以下の3点。

■ミディアムレア
火入れが甘いと肉汁を引き出しきれず、逆に火を通しすぎると肉汁を逃してしまいます。その旨味を最大限に引き出す調理方法が、ミディアムレア。高温短時間で計算された絶妙な火入れが実現する、最高の牛カツをお届けします。

■牛肉
牛肉本来の旨味にこだわり、吟味した厳選部位のみを使用。部位ごとに最適な産地・品種・畜年数を吟味し世界中から厳選しています。

■黄金比の薄衣
「打ち粉×卵×パン粉」の完璧なバランスを実現。キメ細かな衣は、油切れが良く軽やかでヘルシー。牛肉にぴたっと張り付きはがれることなく、肉汁をぎゅっと閉じ込めます。

京都勝牛の牛カツは、部位から選べるそうです。部位は、「名物白・サーロイン」「元祖赤・ロース」「タン」「ヒレ」「黒毛和牛」の5種類から選べ、好きな部位を食べ比べできる相盛り膳もおすすめとのこと。

「【元祖・赤】牛ロースカツ膳」1,490円(税込1,639円)

中でも赤身の旨味が堪能できる、創業以来こだわり続ける自慢の一皿「元祖赤・牛ロースカツ膳」がおすすめ。

 

 

「厚切り牛タンカツ膳」1,990円(税込2,189円)

ラインナップの中でも珍しい「厚切り牛タンカツ膳」は、牛タン特有の心地よい歯ごたえを存分に楽しめるよう厚切りにこだわっているそう。

豊富な部位に加え、バラエティ豊かな薬味とつけだれを用意されています。

和風だしをたっぷり効かせただし醤油や特製和風カレーつけ汁、野菜の旨味が溶け込んだ牛カツソース、山椒塩など、牛カツとの相性にこだわり抜いたたれ・薬味から、自分好みの組合せで楽しめます。

お店の牛カツ膳をそのまま再現した「本格牛カツ弁当」1,280円(税込1,382円)

独自の低温調理製法を用いることで、しっとり柔らかな納得のクオリティを実現できました。また、低温調理でしっかり熱を加えているので、牛カツらしいミディアムレアを保ちつつ冷めても安心安全で食べれるそう。

お店で食べる牛カツ膳をそのまま再現することにこだわっているとのこと。

【店舗名】牛カツ京都勝牛 ミント神戸店
【ジャンル】牛カツ
【住所】神戸市中央区雲井通7-1-1 ミント神戸B1
【電話番号】078-241-8788
【営業時間】11:00~22:00(L.O. 21:00)※ランチは11:00~15:00
【定休日】なし
【リンク】公式サイト / Instagram / Facebook / Twitter
【駐車場】なし
※紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

 
カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。