『UCC ミルクコーヒー』がギネス世界記録(R)「缶コーヒーの最長寿ブランド」に認定。販売49年

ライター:カズマ

神戸市に本社がある「UCC上島珈琲」が販売する、缶コーヒー飲料製品『UCC ミルクコーヒー 缶 250g』が、缶コーヒーのロングセラー製品としてギネス世界記録「缶コーヒーの最長寿ブランド」に認定されました。販売期間は49年だそうです。

1969年に発売された世界初の缶コーヒー『UCCコーヒーミルク入り(当時の商品名)』は、UCC創業者、上島 忠雄(1910~1993)さんの「いつでも、どこでも、一人でも多くの人においしいコーヒーを届けたい」という思いで開発されました。

1969年に発売されてから来年で50年になりまして、「レギュラーコーヒーとミルクたっぷりの味わい」「赤・白・茶色の親しみやすいパッケージデザイン」を基本コンセプトとしているそう。

ロングセラー製品としてギネス世界記録に認定された『UCC ミルクコーヒー』は販売期間49年の間で、約150億本の累計販売数でめっちゃ売れてます。

世界初の缶コーヒーを開発したのはUCC創業者の上島 忠雄さん。喫茶店でコーヒーを飲むスタイルが一般的だった時代から、コーヒーをいつでもどこでも手軽に飲めるものにしたい、という強い思いを抱いていました。

ある時、駅の売店で冷蔵の瓶入りのコーヒー牛乳を購入するも、一口飲んだ時に発車ベルが鳴り、当時瓶は回収されていたため、大半を飲み残して瓶を返却せざるを得ませんでした。この時の「もったいない」という思いが、常温長期保存が可能で、車内などにも持ち運びができる“缶入り”のアイデアを閃かせ、自らが中心となり開発を開始したそうです。

しかし、製品化には多くの困難を伴い、コーヒーとミルクの分離、高熱殺菌による風味の変化など、専門家の協力を得ながら試行錯誤を繰り返しました。特に、缶に含まれる鉄イオンとコーヒー成分のタンニンが結合し、コーヒーが真っ黒に変色するという難問には、製缶会社との取り組みにより、缶の内側に特殊コーティングをする技術を開発しました。いつでもどこでも手軽に飲める新しい飲用スタイルや安定的な品質保持にこだわり、缶にコーヒーを詰めただけではなく、流通商品としての価値を生み出した結果、缶コーヒーが誕生しました。

UCCが世界初の缶コーヒー『UCCコーヒーミルク入り(当時の商品名)』を発売したのは、1969年4月。当初なかなか売上は伸びなかったものの、翌1970年3月から大阪で開催された「日本万国博覧会」を機に、来場した多くの人の目にとまり、全国に広がりました。時代とともに変化する嗜好にあわせリニューアルして、現在は9代目を展開しているとのこと。

◆関連リンク
UCC ミルクコーヒー – UCC上島珈琲

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。