天然の氷を切り出し貯蔵する、六甲山の冬の風物詩「氷の切り出し」1/20 自然体感展望台 六甲枝垂れ

ライター:カズマ

六甲山上にある「自然体感展望台 六甲枝垂れ(ろっこうしだれ)」で、天然の氷を切り出し、その氷を夏まで貯蔵するため、「氷室(ひむろ)」に氷を運び入れる恒例イベントが開催されます。

氷の切り出し

2020年1月20日(月)10:00~
自然体感展望台 六甲枝垂れ
※荒天、着氷不良の場合中止の恐れあり


神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

六甲枝垂れに行った人は「氷の切り出し」の様子を見学が可能です。

氷を貯蔵する「氷室」は、通常は一般公開していないですが、当日10:00~14:00に特別公開されます。

入場料金
大人310円/小人210円

◆関連リンク
六甲山ポータルサイト Rokkosan.com – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    この氷は何に使われるんですか?

    2020年1月8日6:21 PM 返信する