KIITOで建築家「ミケーレ・デ・ルッキ」の展覧会『EARTH STATIONS』2/20-3/7 建築家の藤本壮介とのトークセッションも

ライター:エミ

KIITOで、イタリアの建築家ミケーレ・デ・ルッキ氏による展覧会が開かれます。初日には建築家、藤本壮介氏とのトークセッションも開催。

EARTH STATIONS by AMDL CIRCLE
ミケーレ・デ・ルッキと未来を共有する建築

2021年2月20日(土)~3月7日(日)11:00~19:00 ※月曜休
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)2F ギャラリーC、プロジェクトスペース2B


神戸市中央区小野浜町1-4

ミケーレ・デ・ルッキ氏は、世界各国の文化施設などの設計デザインに携わる、イタリアの巨匠建築家。「旧六甲山ホテル」を「六甲山サイレンスリゾート」として再生するプロジェクトも手がけています。

この展覧会では、「建築」の役割や必要性について考えるところから生まれた、建築の “タイポロジー(類型学)”である『EARTH STATIONS』が日本で初めて展示されるとのこと。

また、「六甲山サイレンスリゾート」や、世界各地でのプロジェクトにつながるミケーレ・デ・ルッキ氏の思想が、模型や映像で紹介されます。

初日には関連企画として、2025年大阪・関西万博の「会場デザインプロデューサー」に就任した建築家、藤本壮介氏とのトークセッションも開催。

トークセッション概要
【日時】2021年2月20日(土)15:00~17:00
【会場】デザイン・クリエイティブセンター神戸 1F KIITOホール
【出演】ミケーレ・デ・ルッキ、藤本壮介
【参加費】無料  
【定員】100名(要申込、申込多数の場合は抽選)
【申込】デザイン・クリエイティブセンター神戸webサイトにて2021年1月5日(火曜)から受付開始

ミケーレ・デ・ルッキ氏からは「六甲山サイレンスリゾート」のこれからについても聞けるそう。「建築」の新しい見方に触れられるかもしれません。

◆関連リンク
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO) – 公式サイト

エミ
ライター:エミ
三宮は目をつぶりながら歩けます。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • オシラ

    イケータ・ラ・イック

    2021年1月6日1:55 PM 返信する