カジュアルに会席料理を楽しめるごはん屋さん『キモリ』日本伝統の味に向き合いつづけた主人がつくる洗練された料理

ライター:れいな

神戸でオープンしたお店や会社など紹介する連載シリーズ。神戸市が実施する無料の開業支援サービス「神戸開業支援コンシェルジュ」を活用し、現在活躍中のお店をピックアップしていきます。

今回は、カジュアルに会席料理を楽しめるごはん屋さん『キモリ』をご紹介。


神戸市北区淡河町萩原696

お店の場所は、北区にある「神戸市立淡河小学校」「神戸市北神区役所 淡河連絡所」のちかく。三宮からだと、新神戸トンネルを通って北へ30分ほどの所。山陽自動車道では「三木東IC」が一番ちかいです。

店の前のメイン通り「県道38号」。西に行って最初の交差点「淡河本町」を少し過ぎると「道の駅 淡河」。交差点で右に曲がると、江戸時代に大名が宿泊したという邸宅「淡河宿本陣跡」があります。

「県道38号」を東に向くと、「神戸市北神区役所 淡河連絡所」のあるほう。県道38号は、淡河川に沿って走っています。

「県道38号」に出ている、漢字の「木」が4つ並んだ「キモリ」の看板。この看板を目印に一本道を進んでください。

納屋を改装したお店につきます。ちなみにこの一帯は、豊臣秀吉の時代に「播磨」から「有馬温泉」まで続く街道の宿場町として整備され、歴史ある建物が多いエリアです。

ごはん屋さん「キモリ」の特徴

ごはん屋さん「キモリ」は、会席料理をカジュアルに楽しめるお店です。

会席料理は、料亭・旅館・結婚式で出される「和食のコース料理」。江戸時代に生まれたと言われている「日本の伝統的な食のスタイル」ですが、「特別な料理」というイメージの人も多いのではないでしょうか。

「会席料理」をもっと身近に感じてほしいという店主「木全 浩治(きまた こうじ)」さん。「六本木ヒルズ」や「丸の内ビルディング(丸ビル)」のレストラン、「ミシュラン1つ星を獲得したスイスの旅館」などで20年以上、会席料理を作り続けてきました。

身近に感じる会席料理として、コースではなく「1つのお膳」に「会席コース料理」を詰め込んだ「キモリ膳(1800円)」を提供しています。他には、季節の野菜を使った「キモリ天丼(1200円)」や「キッズランチ(600円)」も。

奥さんは、木全さんと同じ「スイスの旅館」で仲居として働き、今は接客と店内コーディネートを担当。取材時には、雪に見立てた「綿花」が飾られるなど、季節を感じられる店内に。窓からは近隣の畑も見えています。

のどかな雰囲気の中、洗練された味と特別なおもてなしを体験できるかも。

オススメの料理

「キモリ膳」(1800円)は、会席コース料理で出されるような「先付け(前菜)」「向付(お刺身・酢の物)」「焼き物(魚など海鮮を焼いた料理)」「煮物」「強肴(揚げ物・酢の物・茶碗蒸しなど)」「ご飯」「汁物」が、1つのお膳で提供されますので、いろんな料理を少しずつ食べたい人には嬉しいスタイル。食後にはデザートもついています。

料理の内容は毎月変わります。この時の汁物は「ブロッコリーの “すり流し”」。野菜をすりつぶし出汁でのばしたもので「和風ポタージュ」と言ったところでしょうか。

焼き物は「サワラの “菜種焼き”」。卵の黄身を「菜の花」、刻んだ緑の野菜を「菜の葉」に見立てて魚と一緒に焼き上げたもの。「すり流し」も「菜種焼き」も、日本に昔からある料理らしいです。

使われている野菜はほとんど地元のもので、中には歩いて数分の所にある「裏の畑」や「隣の畑」のものも。木全さんいわく、とれたてホヤホヤの野菜の美味しさに敵うものはなく、活かし方を考えるとワクワクが止まらないそうです。

1800円という「ちょっと贅沢なランチ価格」で、本格的な会席料理が楽しめます。

神戸でお店をオープンしたキッカケ

奥さんの地元・淡河町にきた木全(きまた)さん。「いつか自分でお店をできたら」という夢はありましたが、具体的なことは何から始めればいいのか分からず、神戸市が実施する無料の開業支援サービス「神⼾開業⽀援コンシェルジュ」を利用しました。

「何を相談したらいいか分からない」というゼロからのスタートだったそうですが、「コンセプト」「ターゲット」など1つ1つステップを踏んで決めていくことで、1年後には「キモリ」をオープンさせることができました。

「木」を4つ並べた「キモリ」のロゴは、木全さんの「木」と、奥さんの旧姓・森井の「森」をあわせた形。「20年以上かけて極めてきた会席料理」「仲居としての接客・サービス」2人の力を合わせたごはん屋さんです。

今後の目標

仕事と家庭で、自分の時間がほとんど持てない人の「息抜きできる場所」であり続けることが、木全さんの目標です。

納屋を改装したどこか懐かしい雰囲気と季節の草花に囲まれ、リラックスして味わう「会席料理」。忙しい時、一つ一つ丁寧に仕上げられた繊細な料理を食べて、のどかな風景を見ていたらリフレッシュできそう。

小旅行気分でカジュアルに「日本の伝統」に触れてみては。

店舗名キモリ
ジャンル和食、会席料理、カフェ
住所神戸市北区淡河町萩原696
電話番号078-223-2435
営業時間木金 Lunch 11:00~14:30(L.O.)/Cafe 14:30~16:30(L.O.)
土日 Lunch 11:00~16:30(L.O.)/Cafe 14:30~16:30(L.O.)
定休日月~水曜日
リンクFacebook / Instagram
駐車場10台

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

れいな
ライター:れいな
「東遊園地」には観覧車があると思った人。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。