『JR西日本』が新快速などの全車両に「防犯カメラ」を設置へ。2023年度末までに

ライター:ユカコ

『JR西日本』が、京阪神を走る新快速と、大阪=関西空港・和歌山を走る関空・紀州路快速のすべての車両に「防犯カメラ」を設置すると発表しています。

京王線などの事件を受けた対応となり、2023年度末までに、以上の列車の「計約1200両」につくことになるようです。



京阪神地区では、同時に普通・快速車両での整備も進め、在来線(計約3000両)の「半分」ほどに設置予定。

『JR西日本』の特急(計約700両)については、2023年度末までに、約7割に取りつけられることになるそうです。

駅間があり、走っている時間が長いエリアでは、特に防犯カメラによる抑止力がありそうですね。

◆関連リンク
JR西日本 – 公式サイト

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。