「神戸のどこが好き?」って聞かれたらなんて答える?観光PRキャラクター『KOBAY(コーベイ)』から見える本当の神戸

ライター:このみ

神戸が好きで好きでたまらない牛をご存じですか?見た目のゆるさとは裏腹にコテコテの「神戸弁」を話すKOBAY(コーベイ)。

 お酒とパーティー  が趣味ときいて「この牛もしかしてチャラついてるのか?」と思いきや、  マルチリンガル  というギャップ萌え。

好きなことにはアツく勉強熱心な牛、それがコーベイなんです。

コーベイ
はじめましてぇ!兵庫県の観光PRをさせてもろてるコーベイですぅ。今日はみんなにもっと神戸とコーベイを知ってほしいなと思ってますぅ。

ということで『神戸の新スポット』『昔ながらの神戸』をコーベイと一緒にめぐってきました。

自然たっぷりな街、神戸の新たな楽しみ方

『六甲山蒸溜所』は、2021年の7月に操業を開始したばかりのウイスキーの蒸溜所で、日曜限定の蒸溜所見学&試飲体験を行っています。

現在として、スコットランド産の原酒を六甲山の湧き水で加水調整した六甲山ウイスキー12年が発売されていますが、まだ本数が限られるためスーパーなどで気軽に買うことのできない貴重なウイスキーです。

ハイカー(ハイキングする人)にも人気で、山登りの途中に見学&試飲を楽しむ人も多いんだとか。

お酒好きのコーベイはもちろん黙っていません。

コーベイ
六甲山ウイスキー12年を蒸溜した時に出た麦芽が神戸牛のエサになったりもするらしいねん。コーベイが昔っからお酒好きなんも納得やわ~

コーベイもさっそく六甲山へ登山!と行きたいところでしたが、今回は数少ない取扱店である『元町WHISKY』にて試飲体験をしてきました。


今日一テンション上がっているコーベイ

『元町WHISKY』は酒類の小売店でありながら、本格的なバーカウンターで試飲体験ができます。山登りは自信のなかったコーベイも短い足なんか組んじゃって気分は紳士な(?)牛に。

「六甲山ピュアモルトウイスキー12年」のノンピート・ピーテッド2種を飲み比べしてみます。

コーベイ
ピートってウイスキー特有のスモーキーな香りをつけるための方法やねんけど、どっちも美味しくて迷うなぁ。お酒のこと語りたかったら、走って駆けつけるから呼んでな。走るん遅いけど。

『六甲山蒸溜所』での見学や試飲が気になる方はこちら

歴史から見える神戸のここがすごい


そのまま元町商店街をぷらぷら歩いていると『亀井堂総本店』の5代目見習いとなる松井隆昌さんを発見。

今年で148年の歴史を守り続けている『亀井堂総本店』へのリスペクトから、この時ばかりは「まじめコーベイ」。

コーベイ
コーベイ手短くなった?お腹がでてきたんか?って松井さんにも言われたけど、お腹のハートマークが膨らむほどに神戸愛も大きくなってるから許してな。

『亀井堂総本店』の名物である瓦せんべいは、開港間もない神戸で創業者が考案したもので、今でも根強い人気を誇っています。

コーベイ
みんな瓦せんべいって和菓子やと思ってるやろ?実は焼き方が違うだけでカステラと全く同じ材料を使った洋菓子やねんで。

当時はまだ卵・砂糖・はちみつなどは高価なもので入手しにくかったですが、長い鎖国で憧れの西洋文明になじみのなかった庶民にとっては斬新な食べ物で、「ハイカラせんべい」「贅沢せんべい」などとも呼ばれていたそうです。

焼き印も発売当初から変わらないものを使用。明治初期に忠君愛国のシンボルとしてもてはやされた武将、楠木正成(くすのき まさしげ)のモチーフです。

勇敢な武者を焼き付けた瓦せんべいをいただくことで、その心意気にあやかろうとする人が多く、人気に拍車がかかる結果に。

コーベイ
今では世界に誇れる日本のキャラクタービジネスは、もうこの時から始まってたんやな。神戸スイーツはどこにも負けへんと思ってるけど、味だけじゃなくて歴史が深いところも好きやねん。のれんを守ってくれてありがとう、亀井堂さん。

瓦せんべいを作る時に、実際今も使っているという道具をみせてもらいました。今は機械を使ってこの鉄板をひっくり返したりしていますが、当時はすべて手作業でかなり手間暇かけていたことがわかります。

コーベイ
コーベイサイズの瓦せんべいもあるねんで。今度コーベイの顔の焼き印作ってもろたら、みんな買ってくれるかな。

オリジナル焼き印なども作れるみたいなので、気になる人はこちら

コーベイにとって「自分の存在意義」とは


生まれ変わったパイ山跡地での雑談

コーベイからの神戸の好きな所って聞かれたらなんて答える?という質問に「海と山があって、お洒落な都会もあるいいとこどりな感じ」と、ありがちな答えを返すとコーベイの「神戸愛」が炸裂。

コーベイ
コーベイも神戸のそゆとこ好き!でもな、もっと深いところを知っていくと、もっともっと神戸を誇りに思えると思うねん。

珍しく真剣なまなざしで語るコーベイ。「自分の役割」は神戸の人にもっと神戸を好きに・神戸に住んでいることを誇りに思ってもらえる情報を発信することだと話してくれました。

コーベイ
何気なく食べてたお菓子1つでも、語れるネタを持ってると神戸人って感じするやん?実は神戸発祥のものも多いし、歴史とかに注目したらいろいろおもろいねんで。

神戸の街を再発見できる情報は、コーベイのInstagramやTikTokからも発信していきます。神戸にいると近すぎて見えないことも、海外旅行好きなコーベイだからこそ見えたりします。

このみ
海外の人って神戸の存在を知ってるかな?
コーベイ
日本に詳しい海外の人からしたら住みたい街って言われるくらいやっぱ「快適なイメージ」があるみたい。嬉しいよな!あと「Kobe Beef」ほど海外でも浸透してる地域の特産物ってないんちゃう?

最近はなかなかインバウンドの観光客を街で見かけることはないですが、以前はよく「Kobe Beef!」と声をかけられていたというコーベイ。神戸の街の魅力を、国内だけでなく海外にも発信したいと目標を語ってくれました。

兵庫県の観光PRキャラクターとして、ほかの仲間たちとイベントなどにも積極的に参加しているコーベイ。神戸弁のストレートで話しやすいキャラと、誰よりも神戸を知る努力を惜しまないことから、友達もたくさんいます。

英語・韓国語・ドイツ語・標準語そして神戸弁の五か国語(?)を巧みに使いこなすコーベイは、そんな語学力をフル活用し、世界中の人に観光地として神戸を選んでもらえるように情報発信を続けます。

なかなか気軽に「生」コーベイに会うことは難しいかもしれませんが、「神戸」のこと知りたいなと思ったら「もしもし、コーベイ?」くらいの身軽な存在として気軽にInstagramにコメントしてみてください。

コーベイのInstagramはこちらから

コーベイに魅了された!そんなあなたのためにぬいぐるみ&キーホルダーも販売しています。つけてるだけで、持ってるだけで、周りが笑顔になれる魔法のアイテム…かもしれません。ご購入はこちらから。

コーベイ
コーベイのグッズを取り扱ってくれる店舗さんも募集してるねん!店頭に並べるだけで、ハッピーな感じになるし神戸らしさをプラスできるからおすすめ。イベントも呼んでくれたらかけつけるでぇ!

神戸大好きコーベイが、近い未来に県外や海外との懸け橋となるべく「神戸の魅力」を発信し続ける様子を応援しながら、温かく見守っていきましょう。

◆関連リンク
ABOUT KOBAY – 公式サイト

 
このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    どこがって全部だよ!
    神戸市民なら当たり前やん、なに言うと〜(笑)

    2021年11月20日8:18 AM 返信する