「旧乾邸(きゅういぬいてい)」の『特別観覧』が開催されるみたい。ドラマ・映画のロケ地

ライター:ゆう

ドラマ・映画のロケ地でも使われている、東灘区のモダニズム建築『旧乾邸(きゅういぬいてい)』の、特別観覧が開催されます。事前申込が必要です。

「旧乾邸」特別観覧

2022年11月1日(火)~11月8日(火)10:00~/14:00~
旧乾邸


神戸市東灘区住吉山手5-1-30

1936(昭和11)年頃、乾汽船株式会社を設立した乾新治さんの自宅として、旧住吉村(現在の東灘区の一部)の山麓部に建築された『旧乾邸』。

設計者は渡邊節さんで、洋風を基調としながら和洋が折衷され、重厚さの中に繊細なデザインがある旧乾邸は、渡邊さんの代表作とも言われているそうです。

阪神間モダニズムを象徴する大邸宅の風格を持つ主屋や土蔵、当時の姿を残す庭園などはとても貴重なものなんだとか。

門や塀も含め建物全体が神戸市指定有形文化財に、また、庭園も一部を除いて神戸市指定名勝に登録されています。

ちなみに『旧乾邸』は、菅田将暉主演の映画「アルキメデスの大戦」や、連続テレビ小説「べっぴんさん」など、多くの映画やドラマのロケ地になっています。

日時
2022年11月1日(火)~11月8日(火)10:00~/14:00~

申込方法
往復はがき(申込期間:10月8日(土)消印有効)
※観覧の希望日時・住所・氏名・年齢・性別・電話番号を記載し、旧乾邸管理会(〒658-0051 東灘区住吉本町3-3-4 住吉学園内)に送付。返信用はがきに郵便番号・住所・氏名も記入してください
※同時申込みは2人まで(団体受付不可)。2人で申込む場合は全員の必要事項を記入してください
※重複申込みはできません
※申込者多数の場合は抽選。希望日と異なる日程で当選する場合があります

注意事項
・専用駐車場はありません。必ず公共交通機関をご利用下さい
・バリアフリー対応となっていない箇所があります
・敷地内は全面禁煙です。また、館内での持ち込みによる飲食も不可です
・常時公開している施設ではございません
・新型コロナウイルス感染防止対策のため、来場前の検温やマスク着用へのご協力、また会話は控えめにお願いします
・来場時に検温を実施します。発熱が確認された方は来場をご遠慮いただく場合がありますので、あらかじめご了承ください
※今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、中止または延期する場合があります

歴史ある建物なので、建築が好きな人も楽しめそうですね。ロケ地として使われた映画やドラマを見てから行くのもいいかもしれません。

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。