三宮でテイクアウトを始めた『フレンチバル STAUB(ストウブ)』おうちバル気分が手軽に

ライター:カオル

「外出自粛」に加え、店内での営業時間の短縮も要請…ますます夜のお客さんが遠のいてしまう飲食店。お店を守るためにテイクアウトを始める店が増えています。

「緊急事態宣言」でも、美味しいものは食べたい。神戸のテイクアウト・出前の情報まとめてみた

2020.04.08

今回は、外食できない状況でも、バル気分を味わうのに助かるお店をご紹介します。


神戸市中央区北長狭通2-4-4

本来なら17:00から営業する三宮の『フレンチバルSTAUB(ストウブ)』、いまは昼のランチタイムからテイクアウトを始めています。

お店があるのは、JR高架のすぐ山側。トアロードのひとつ東側の道。

山側を向くとこんなかんじ。お隣は駐車場で、向かいには「がんこ寿司 三宮店」。

テイクアウトメニューは、こういったケースに入れられます。お店での滞在時間は短くても、こういうメッセージがあると、なんかほっこり。

メニューは5種類(税込み)
①フレンチ惣菜詰め合わせ 4種1000円 6種1200円
②ローストビーフ弁当 1000円
③フレンチオムレツサンド弁当 880円
④アンコウの海老みそ風味フリット弁当 880円
⑤鶏さん丸ごとロースト ハーフ880円 フル1480円

ローストビーフ弁当。3種類の総菜とローストビーフが入ってます。

ごはんにも、オリーブオイルで香りづけしてあるところが、バルっぽい。

温泉卵がついていて、ローストビーフにかけて絡めて食べるスタイル。わさび菜のソースでマリネされていて、少しだけピリッとする感じが絶妙で、ごはんにも合うし、お酒も欲しくなる気がします。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フレンチバルSTAUB[三宮元町グルメ・三宮フレンチ居酒屋](@french_staub)がシェアした投稿

フレンチ惣菜の詰め合わせは、10種類の中から好きなものを選ぶかたち。自分で何種類も作るのは大変ですし、プロの力を借りときましょう。

①ナッツマッシュポテサラ
②オレンジ風味のキャロットラペ
③春キャベツのアンチョビオイルマリネ
④彩野菜野菜の自家製ピクルス
⑤ラタトゥイユ
⑥ハム3種(生ハム、ボイルハム、鴨ローススモーク)
⑦ローストビーフとわさび菜のレホール(西洋わさび)マリネ
⑧タコと新玉ネギの春マリネ
⑨フレンチオムレツ たっぷりパルミジャーノ
⑩鯖とクリームチーズのカナッペ
(仕入れの関係で変更の場合あり。)

ウェブ上で友人や同僚と「オンライン飲み会」する人も増えてきているようですから、自慢したくなるオツマミにもなりそうです。

オーナシェフの川口さん(撮影用に少しだけマスクをはずしています)。店内で食べる人もわずかのため、アルバイトには休んでもらい一人で切り盛りしているというオーナーシェフ。

「来店したことのない人も、テイクアウトをお試し気分で利用してもらって、またコロナが落ち着いたら店に食べに来てもらえたら嬉しいです。」

今後は、ワインなどおすすめのお酒のテイクアウトもできるようにするなど、いろいろ試していくそうです。

店舗名フレンチバルSTAUB(ストウブ)
ジャンル飲食店
住所神戸市中央区北長狭通2-4-4
電話番号078-392-4186
営業時間12:00~22:00 ※店内での飲食は20:00まで
定休日不定休
リンク公式サイト / Facebook / Twitter / Instagram / Hotpepper食べログ
駐車場なし

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。