トアウエストで小皿の「ローマ料理」を楽しめる『オステリア カリメロ』都会の隠れ家を気軽に体験する

ライター:カズマ

神戸でオープンしたお店や会社など紹介する連載シリーズを始めます。神⼾開業⽀援コンシェルジュという行政の開業支援サービスを活用し現在活躍中のお店をピックアップしていきます。

初回は、トアウエストにあるイタリア料理の中でもローマに特化した「ローマ料理」を提供する『オステリア カリメロ(Osteria Calimero)』をご紹介。


神戸市中央区北長狭通3-12-10

お店の場所は、トアロードから少し西に入ったトアウエストのこちらの建物の3階。

何度も通ったことのある道路ですが、こちらの建物は2階建てだと思ってましたが、実は3階まであってそちらのお店です。上の方にイタリア国旗が見えていますがあそこです。

東を向いてトアロードに出ると「ヴィレッジヴァンガード」があるところで、南側の道路です。

西を向くとこんな感じ。トアロードの「ヴィレッジヴァンガード」南側の道路を入ってすぐのところです。

トアロードの東側「トアイースト」は三宮からの流れがあって繁華街的な要素が大きいですが、西側の「トアウエスト」は、少し落ち着いた雰囲気で、この先に向かったエリアもカフェなど落ち着いたイメージのお店が多いです。

ローマ料理「オステリア カリメロ」の特徴

イタリアの田舎のレストランの雰囲気を演出している『オステリア カリメロ(Osteria Calimero)』。アクセスのしやすさがありつつ、ビル3階にある隠れ家的な雰囲気となっていてかなり静かです。

スタイリッシュなお店も多い中で、イタリアのクラシックな演出が特徴で、イタリア料理の中でもローマ料理に特化していまして神戸で唯一「ローマ料理」のお店だそう。

イタリア料理のなかでも、地域によって、ローマ・ナポリ・ミラノなどが別れますが、その中でもよりローマの郷土料理ということになります。

郷土料理として都市と共に成長してきたのが「ローマ料理」で、代表する料理の一つが『サルティンボッカ』。日本に置き換えると、割烹とかではなく、東京下町の「もんじゃ焼き」というイメージでしょうか。庶民の味としてローマに愛されてきたのが「ローマ料理」です。

『オステリア カリメロ(Osteria Calimero)』は、素朴でイタリア料理の原点になるような料理を日本に広めたいという思いで「ローマ料理」に特化してこだわっているそうです。

オススメの料理

淡路経産牛“サルティンボッカ”。「口に飛び込む」と意味をもつローマの郷土料理。生ハム、セージ、牛肉を重ね焼く料理。

1皿目として提供している「サルティンボッカ」。小皿中心で提供する形をとっているため、多くの料理を楽しむことができるのも特徴です。

通常、イタリアの家庭料理だと大皿でみんなで食べるというのが家庭スタイルのようですが、懐石文化の日本に合わせて、一人ひとりに対して小皿で提供する形(ポーション・コントロール)にしたそうです。

淡路経産牛すね肉のローマ風煮込み“オッソブーコ”。「骨の穴」と意味をもつ郷土料理。ローマ風に赤ワイン、トマト、ソフリットと骨ごと煮込む料理です。

コースでは、前菜10皿とデザートが2つの『おまかせ季節前菜コース+ドルチェ(5,000円 税込)』がベースで、小皿でたくさんの料理が楽しめるようになっています。

プラスして、パスタ・メイン料理を好きに選んでカスタマイズしていくというスタイルで、お酒や料理をプラスしても10,000円、女性だと7,000~8,000円に収まるような価格感です。

予約時にお客さんの好みなどを確認してメニューを調整したり、ソムリエの人もいますので料理に合うワインも提供していますので、「ローマ料理」と「ワイン」、それから好立地でありながら隠れ家的な空気感は、グルメな人にはピッタリかもしれません。

神戸でお店をオープンしたキッカケ

オーナシェフ「仲村 潤也」さん。神戸でお店をオープンしたキッカケは、初めて働いたお店がこの場所にあったからという理由だそうで、当時大阪で働きながらオープンさせるお店の場所を探していたところ、以前この場所にあったイタリアン「ガレットネロ ビス 」のオーナーから場所を引き継ぐ形でここでオープンしたとのこと。

地元が神戸でしたが、大阪で働いていた関係で、神戸での人のつながりや市場調査をする上で、よいパートナーとして活用したのが、無料で開業を支援する『神⼾開業⽀援コンシェルジュ』だったそう。

やろうとしている事がはっきりしていましたので、すごく有意義に利用できて、あと専門家の先生から分からない分野のことをたくさん吸収できたんだとか。

特に、最近の雇用に関する環境は制度も含めて変化していますので、そのあたりの制度と実態の理解もしっかりと下調べを行い、専門家との意見交換もできたそう。また、市場調査という意味においては、ローマ料理のニーズなどについても専門家の意見も聞きながら調査ができたようです。

今後の目標

今後の目標としては「神戸の人にもっとローマ料理を広げていく」ということで、料理やサービスも日々試行錯誤しながらバージョンアップしているとのこと。

静かで過ごしやすい場所を提供し、伝統的なローマ料理を継承しつつ工夫をし、料理を含めたイタリアの空間を広めていく。また、カップルや美味しいものが好きな大人がゆっくりと定期的に過ごせる空間になればと。

料理と人で地域と繋がっていき、三宮界隈で過ごす人が、定期的に通えるお店作りを目指しています。気になった人はぜひ。

店舗名オステリア カリメロ Osteria Calimero
ジャンルイタリアン、ローマ料理
住所神戸市中央区北長狭通3-12-10 ループトアウエスト 3F
電話番号078-334-7155
営業時間12:00~15:00(L.O.14:00)/18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日月曜日(祝日の場合、翌日)
リンクFacebook / Instagram / 食べログ
駐車場なし

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。